【ビルボード】ゆず、オールタイム・ベストが全指標で1位 総合AL完全制覇

写真拡大

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、ゆずのオールタイム・ベスト・アルバム『ゆずイロハ 1997-2017』が、CDセールスの勢いそのままに総合でも首位を獲得した。

 同作は、CDセールス部門で154,368枚を売上げて断トツの1位。さらにダウンロードとルックアップでも1位となり、全指標でトップのポイントを稼いだ。いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIとのコラボ楽曲が収録されていることも話題となり、さらにリリースに合わせてテレビやラジオなどで大量に露出した結果が表れた形となった。ビッグアーティストのベスト盤ということで、今後のチャートアクションにも注目したい。

 2位に入ったのは、VAMPSの約2年半ぶり5枚目となるニューアルバム『UNDERWORLD』。CDセールスで『ゆずイロハ 1997-2017』に広げられた差を他の指標で埋めることはできなかったが、総合でも2位を堅守した。3位と4位は、洋画のサウンドトラックが先週よりそれぞれ順位を上げてチャートイン。3位『ワイルド・スピード アイスブレイク』は先週よりワンランクアップ。4位『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック』は3つ順位を上げてトップ5入りを果たした。この原動力は両作ともダウンロードで、映画が公開されてその人気が音楽にも跳ね返ってきていることがわかる。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『ゆずイロハ 1997-2017』ゆず
2位『UNDERWORLD』VAMPS
3位『ワイルド・スピード アイスブレイク』サウンドトラック
4位『美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック』
5位『THE JSB WORLD』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
6位『eYe's』MYTH & ROID
7位『THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 04』
8位『おそ松さん かくれエピソードドラマCD 「松野家のなんでもない感じ」 第3巻』
9位『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits『LOVE, PEACE & FIRE』』Superfly
10位『アンコール』back number