東京都の小池百合子知事

写真拡大 (全18枚)

東京都の小池百合子知事が7日、東京・上野恩賜公園で開幕した「ノーリミッツスペシャル2017上野」に出席。2020年「東京パラリンピック」の体感イベント、主催者代表として現れた。

壇上に上がった小池知事は「東京パラリンピックの開幕まで、あと1,027日となりました」とスピーチを開始。「パラリンピックには、全部で22競技があります。私は、リオの会場でボッチャの競技を拝見しました。この競技を見てから、健常者の方も、障害のある方も、一緒に楽しめるものだと実感しました。そこから、東京都でもボッチャのチームを作りました。そのうえで、国際パラリンピック委員会のクレバン会長と戦いまして、なんと!勝っちゃいました!」と上機嫌で報告も。多くの拍手を浴びていた。

「ボッチャ以外にも、今日はパラリンピック競技の魅力を体感してもらうスペースを用意しました。そのために、素晴らしいメダリスト、アスリートに集まってもらいました。このイベントの合言葉は"ノーリミッツ"。人間に限界はありません。一つでも多くの競技に触れていただき、2020年の東京パラリンピックを盛り上げてもらいたいと思います」と呼びかけた。

また、小池知事は、上記のスピーチを終えた後、射撃と車いすテニスにも挑戦。運動神経の良さを発揮し、スポーツキャスター・松岡修造氏を驚かせる様子を見せた。

▼ テニスを腕前を見せた、小池百合子知事

「ノーリミッツスペシャル2017上野」より


▼ 車いすテニスに挑戦した、小池知事


▼ スポーツキャスター・松岡修造氏


パラリンピアンの上地結衣選手、元プロテニスプレーヤーの杉山愛氏と一緒にコートに入り、的当て対決を実施。そこでは、小池知事のフットワークの軽さに加え、ラケットで伸びのあるボールを打ち返す姿に注目が集まり、松岡氏が解説「岡ひろみ(エースをねらえ!の主人公)じゃないのか。ストロークが華麗だ」とコメント。小池知事のテニスの腕前に驚きを見せていた。

「ノーリミッツスペシャル2017上野」は、明日7日まで開催。今日の会場には、パラリンピアンの宇城元選手、永尾嘉章選手、鈴木徹選手、田口亜希選手。アスリート代表として、篠原信一武井壮森渉高橋尚子寺川綾、小椋久美子、四元奈生美らの顔ぶれもあった。

▼ パラリンピアンの上地結衣選手


▼ 元プロテニスプレーヤーの杉山愛氏


■関連リンク
ノーリミッツスペシャル2017上野 - 公式ホームページ