「プロデュース101」練習生たちがSNSを非公開へ…止まない“悪質コメント”

写真拡大

「プロデュース101」の練習生たちが悪質な書き込みに苦しんでいる。クォン・ヒョンビンとユン・ジソンらは結局、SNSを非公開にした。

韓国で5日に放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2では、60位圏に入ることができなかった練習生を放出する1次順位選抜式が行われた。

この日、順位選抜式で印象的な順位を獲得したのはMMOの練習生ユン・ジソン。ユン・ジソンは特有のバラエティセンスと活動的な姿で放送開始後、最も高い順位である3位を記録した。ユン・ジソンは涙を流し、国民プロデューサーに向け感謝の気持ちを伝えた。

しかし、ユン・ジソンが順位上昇を続けると、一部のネットユーザーはユン・ジソンの高い順位に不満を抱き、SNSに悪質な書き込みを始めた。ユン・ジソンはもちろん、ユン・ジソンの妹のSNSにも暴言を続けた。結局、ユン・ジソンは6日、SNSを非公開にした。

前例は他にもある。先週の放送で、態度議論で悪質な書き込みを受けたYG KPLUSのクォン・ヒョンビンがその主人公だ。クォン・ヒョンビンはグループバトル評価の演習当時、不真面目な態度を見せたという一部の視聴者の指摘を受けた。しかし、批判の程度がひどくなり、SNSに悪質な書き込みが溢れ、彼はSNSの過去の写真を全て削除した。以降、行われた順位選抜式の撮影で、クォン・ヒョンビンは目に見えるように萎縮した姿を見せた。

このように「プロデュース101」の練習生たちは、悪質コメントに無慈悲に晒されている。練習生の身分であるだけに、公人と比較するとすべての対処で足りないかもしれないが、放送直後にこれを置いて浴びせかけられる悪質な書き込みの水位は公認以上だ。「プロデュース101」製作陣の注意が要求される部分だ。すべての芸能人が悪質な書き込みに傷ついて衝撃を受ける状況で、その耐性もない練習生が連なってSNSを閉鎖している現状はかなり懸念される。