コーヒーが万能の健康飲料だったことが最新の研究で明らかに

写真拡大

 かつて、コーヒーは体に悪い飲み物と言われていました。カフェインが胃腸の粘膜を荒らすうえに、睡眠の質を下げてしまうと考えられたからです。

 が、それも今は昔の話。ここ数年の研究によりコーヒーの立場は逆転し、科学の世界では、いまや「最強の健康飲料」と呼ぶ声まで出てきています。

 そのメリットは幅広く、ダイエットや集中力アップのような身近なものから、糖尿病やアルツハイマーといった難病にも効果があり、果ては寿命を伸ばす作用まで確認されたというから驚きです。

 コーヒーのメリットが見直され始めたのは2012年ごろのこと。カリフォルニア大学が402,260人を約13年にわたって追いかけたところ、コーヒーの量と死亡率には以下のような関係が見られたのです(1)。

◆飲めば飲むほど死亡率が下がる!

 コーヒーを飲む量が増えるほど死亡率は下がり、1日に4〜5杯のあたりで効果がマックスに。それよりも多く飲んでしまうと、逆にメリットが低下し始めるようです。

 2014年にはさらに科学的な信頼性が高いメタ分析も行われ、約100万人を対象にコーヒーと全死亡率の関係が調べられましたが、こちらも結果は同じでした(2)。1日4杯のコーヒーにより、糖尿病や心疾患、アルツハイマーといった現代病にかかる確率が大きく下がったのです。

 大半のデータでは1日4〜

5杯で効果が出ており、このあたりがコーヒーのスイートスポットと言えるでしょう。ここでいう「1杯」は250mlなので、普通の缶コーヒーを1日5〜6本は飲む計算になります。なかなかの量ですね。

◆カフェイン抜きの製品でも同じ効果が

 さらに、コーヒーのメリットは寿命を延ばすだけにとどまりません。ここ十数年の研究により、コーヒーにはメンタルの改善からダイエットまで幅広い効果が確認されてきたのです。代表的なものを並べてみましょう。

・頭が良くなる:カフェインで目が覚めるのは有名ですが、2008年のレビュー論文によれば、1日に0.3〜4杯のコーヒーで記憶力と集中力が上がり、脳の反応スピードも速くなります(3)。

・ダイエットがはかどる:カフェインには体脂肪を燃えやすくする働きも。その効果には個人差が大きいものの、およそ3〜11%の範囲で体の代謝が上がると考えられています(4)。下手なダイエットサプリを買うぐらいなら、コーヒーを飲むほうがお得です。

・デトックスに効く:ご存じのとおり、肝臓は体から不要なゴミを出す働きを持った大事な器官。コーヒーは肝臓を守る作用が大きく、2016年のメタ分析でも1日4杯で肝硬変や脂肪肝リスクを下げるとの結果が出ています(5)。酒好きはコーヒーも飲んでおきましょう。

・鬱病を防ぐ:コーヒーはメンタルヘルスにも効果大です。例えばハーバード大学の2011年研究では、1日4杯のコーヒーを飲む人は鬱病のリスクが20%も低下(6)。同じくハーバード大が2016年に発表した調査では、やはり1日4杯のコーヒーで自殺率が53%も下がったそうです(7)。

 正直、ここまで幅広いメリットを持った飲み物は他にありません。怪しいダイエット薬やスマードラッグに手を出すぐらいなら、まずコーヒーを飲んだほうがよほど意味があります。

 とはいえ、なかには「カフェインが苦手で……」という方も多いでしょう。カフェインの強さは遺伝によって大きく左右されるため、1日にほんの100mgを飲んだだけでも不眠や不安などの副作用が出てしまうケースは珍しくありません。

 もっとも、その場合でもデカフェのコーヒーを選べばOK。先に上げた2014年のメタ分析では、カフェイン抜きのコーヒーにも同じような健康効果が確認されているからです。もちろん、デカフェではダイエットや脳力アップの効果は得られないものの、少なくとも寿命が伸びるのだから十分に飲む価値はあります。