「妻より愛してる」と言う不倫男と、信じたい女…アホですか?

写真拡大

 こんにちは、yuzuka(ユズカ)です。

 風俗嬢と、精神科・美容外科の元看護師。2枚の仮面を使い分けていた私。そんな私が学んだ世の中の「本音と建前」をベースに、悩めるフォロワーさんのお悩み相談にお答えするこの連載。

 相談を受けていると「男ってどうしようもないな」なんて実感するのですが、第3回の質問は、そんな「どうしようもない男代表」が登場するこの質問に回答します。

◆Q. 不倫相手は私のことを愛しているのでしょうか?

相談者:朱里さん(仮名)25歳

「私は会社の上司と不倫をしています。最初はただの上司と部下でしたが、何度か食事を重ねるうちにお互いに恋心が芽生え、『そういう関係』になってしまいました。

 不倫がいけないことだということは分かっています。でも、彼はとても優しく、奥さんよりも私を優先してくれます。

『奥さんとは子どものために一緒にいるだけで、愛していない』と説明され、子どもが大きくなったら離婚すると約束してくれました。不倫相手に本気になる訳がないということは分かっています。でも彼の態度を見ていると、信じたくなってしまいます。

 彼の『愛している』という言葉を信じて待つのは、時間の無駄なのでしょうか?」

◆A. 不倫男の薄っぺらい「愛してる」なんて蹴飛ばして

yuzukaさんの回答

 結論から言います。時間の無駄なので、今すぐ別れましょう。

「不倫は悪いことだと分かっています」。文面にはそう書かれていますが、本気でそう思っていますか? 最初に食事に誘われた時、好きになりそうだと感じた時、体の関係になりそうになった時。朱里さんが自分をストップさせるタイミングは、いくらでもあったはずです。

 流されに流され続けた朱里さんは、不倫の「被害者」ではなく「加害者」です。まずはそれを自覚しましょう。

◆不倫相手に「優しい人」なんていない

「でも、私の彼は優しいんです」

 不倫や浮気にはまる女性は、口を揃えてこう言います。「そんな男は最低だ」という「常識」から、彼を切り離そうとするのです。「私の彼だけは他の人と違う」、彼の言動の中から血眼になって探した「優しさ」をかき集めて、そう思いたいのが、ひしひしと伝わってきます。

 でも、あなたが「優しさ」だと思っている彼のその言動は、本当の意味での優しさではありません。それはあなたを繋ぎとめておくための手段としての「優しさもどき」であり、あなたを思って滲み出てくる「本当の優しさ」ではないのです。

 考えてもみてください。周囲に祝福されながら誓いを交わした「結婚式」で、彼は妻に、永遠の愛を誓ったのです。家に帰ればその妻が、自分のために食事を作っているかもしれない。愛すべき子どもも、お父さんの帰りを待ちわびているでしょう。

 そんな暖かい幸せを裏切り、「あいつらに愛はない」なんて、他の女の前で裸になってデレデレと愛を語るような男に、「優しい人」がいると思いますか?

◆あなたは、「彼の妻」には勝てない

 もうひとつ、はっきり言っておきたいことがあります。不倫をしている女性の中には、相手の妻よりも勝る部分を探し、「私の方が大切にされている」なんて勘違いを加速させる人がいますが、それは断じてありえません。

 あなたと「彼の妻」は、彼の中で存在する土俵自体が違います。戦うことも出来ない程、勝敗は明らかです。

 だいたい、出会い、告白し、何年もデートや喧嘩を乗り越えながらお付き合いを重ねた後に結婚した「彼の妻」と、デートといえばせいぜい仕事終わりの食事、ほとんどホテルでの時間しか過ごしておらず、喧嘩すらしたことのないあなた。

 どう比べても、勝てる訳がありません。過ごした時間の質も、思い出の量も違います。あなたは彼にとって「気が向いた時に体や自尊心を満たせる都合の良い道具」であり、断じて「愛する人」ではないのです。

 不倫は、どんな結末になろうと、誰のことも幸せにしません。仮に本当に妻と離婚し、あなたと結ばれたとして…。また他に「都合の良い女」が現れれば、間違いなく手を出しそうだなと、思いませんか? そもそも、そんな信用するに値しない男に、執着する必要がないのです。

 朱里さん、どうか目を覚まして。不倫男の薄っぺらい「愛してる」なんて蹴飛ばして、もっと幸せになれる恋愛、探しませんか?

【yuzuka/ユズカ】
20代の現役風俗嬢。精神科や美容外科の元看護師。ツイッターや「note」での冷静な人物評や恋愛アドバイスには定評がある。@yuzuka_tecpizza