写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●住宅ローン金利は3種類
家を買う時に悩むのが、住宅ローンをどのように借りるかということ。金利タイプや返済方法にはいくつか種類があり、どれを選択すべきか迷ってしまうものです。そこで今回は、住宅ローンの基本である、金利タイプと返済方法について、それぞれの特徴やメリット、デメリットをまとめてみました。

○住宅ローンの金利の種類とは?

まず、住宅ローンの金利にはどのようなものがあるのか確認してみましょう。住宅ローンの金利には、大きく分けて「全期間固定金利型」「固定金利期間選択型」、そして「変動金利型」の3つのタイプがあります。それぞれの特徴や注意すべき点を念頭に置き、慎重に選んでいきましょう。

■全期間固定金利型

全期間固定金利型は、ローン借入時から完済までの全期間、金利が固定されているタイプ。借入後に金利が上昇しても返済額が増えるといった影響を受けることがなく、長期間にわたる返済プランを立てやすいのがメリットです。今後の世帯年収が一定であると予測できる場合や、教育費などの出費が増えていくため、返済額が増えると困る…… という場合には、全期間固定金利型が向いていると言えるでしょう。一方で、設定されている金利が高いことが多く、景気が悪化した局面には、収入が下がる中でも高い金利を支払い続けるリスクがあります。

■固定金利期間選択型

固定金利期間選択型は、「当初○年は金利○%」のように、決められた一定の期間のみ金利が固定され、その期間が終了すると、改めて金利タイプを選択し、その時点での金利をもとに返済額を見直すタイプです。固定金利期間が終了した時の金利の変化によってその後の返済額が変わるため、借入時の返済プランが立てにくくなります。

また、金融機関によっては、見直し時の金利や返済額の上昇に上限がないことも注意しておきたい点です。固定期間中は比較的低い金利で利用できるため、子どもの教育費がかかる、収入が少ないなどの理由で、はじめのうちは返済額を抑えたい場合には便利です。しかし、固定金利期間選択型を選ぶ際は、固定金利期間終了後の状況をしっかりと見据えておくことが重要です。

■変動金利型

変動金利型は、返済期間の途中で原則として半年に一度、金利が見直されるタイプです。金利が変わっても毎月の返済額は一定で、その元金と利息のバランスが変わります。また、返済額の見直しは5年ごとに行われます。

変動金利型は、元々の利息が低く設定されていることが多く、借入時の金利が安ければ、はじめの負担は軽くなります。しかし、その後の金利が上昇すれば、返済額の多くを利息が占め、元本がなかなか減らないことも。毎月の返済額には上限があるため、利息がそれを上回ると、未払いの利息が発生するリスクもあります。滞った分は期限までに返済する必要があり、預貯金で備えておくなどの対策が必要です。

※画像と本文は関係ありません

●返済方法を知っておこう!
○返済にはどのような方法がある?

■返済にはどのような方法がある?

次は、住宅ローンの返済方法についてです。一般的には「元利均等返済」と「元金均等返済」が知られています。その他にも、「ボーナス併用払い」や「一部繰り上げ返済」などがあります。

■元利均等返済

元利均等返済とは、毎月の返済額(元金と利息)を一定にする返済方法です。返済額が一定になることで、返済プランが立てやすく、また、元金均等返済に比べると、はじめの返済額を抑えられるのがメリットです。しかし、返済期間が同じ場合、元金均等返済より総返済額が多くなります。

■元金均等返済

元金均等返済では、毎月の返済額の元金部分が均等となり、それに利息を合せて返済する方法です。返済額(元金と利息)は返済が進むにつれ、減っていきます。同じ返済期間であれば、元利均等返済より総返済額は少なくなります。ただし、支払はじめの返済額が元利均等返済に比べて大きくなり、その分負担がかかります。

■ボーナス併用払い

ボーナス併用払いは、ボーナス支給月に通常よりも多めに返済する方法です。ボーナス併用払いを利用することで、月々の返済額を抑えることができます。しかし、そもそもボーナスは必ず支給されるとは限らず、景気や会社の業績によって減給やカットもあり得ます。あまりにボーナスに頼り過ぎると、いざという時に返済が困難になることもありますので、注意しましょう。

■一部繰り上げ返済

一部繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、借入金の一部を返済することで、ローン残高を予定より早く減らす方法です。一般的には、繰り上げ返済分は元金部分に充てられるため、将来の利息を減らす効果があります。ただし、繰り上げ返済は家計を圧迫しない範囲で、余剰金にて行うようにしましょう。

住宅ローンをどのように借り、返済していくかは、その後の家計に及ぼす影響が大きくなるものです。現状だけではなく、今後のライフイベントや家族構成、家計状況の変化などを見据え、無理のない返済プランを考えていきましょう。

筆者プロフィール:武藤貴子
ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント
会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。

(武藤貴子)