ゆずの代表曲「夏色」のチャート最高位に驚くバカリズム

写真拡大

MCをバカリズムとマギーが務める音楽バラエティ「バズリズム」(日本テレビ系)。5月5日(金)の放送では、デビュー20周年を迎える「ゆず」がゲストに登場。知られざる事実を告白した。

ゆずの20周年インタビュー「僕らは死ぬまでゆずなので」

中でも「奇跡のデビュー秘話」については、路上ライブ時代に初めてできたファン(ももよとはなよ)からデモテープを求められ制作するも、その二人がライブに欠席。するとライブを偶然見ていたトイズファクトリー(ゆずの所属レコード会社)の社長からもデモテープを求められ、そのテープを渡したのがきっかけだったと北川悠仁が明かす。

これにはバカリズムも「何その仕組まれたみたいな話」と驚き、「知ってるんですか、ももよちゃんとはなよちゃんは。自分たちがきっかけだったっていうのは?」と質問。すると岩沢厚治が「ちゃんと伝えてないですね」と答え、北川が「一報くれ!」と画面を通してコメントした。

さらにデモテープを渡した社長から「君たちは路上でやっているのがカッコいいから、ここで頑張りなさい!」と言われたことに、路上ライブを懐疑的に思っていた時期だったが「初めて肯定してもらえた。それがスゴい嬉しくて」とここで迷いが吹っ切れ、精力的に活動を再開したことを語る。

また「夏色(オリコン)初登場59位」について、メジャーデビューするも初登場59位だった「夏色」が、そこからラジオなどで反響を呼び、じわじわチャートを伸ばして3ヶ月後には最高の17位になったという事実。だがバカリズムが「え?最高が17位じゃないですよね?」と、今では代表曲となった「夏色」の意外な順位に驚きの表情を見せた。北川が「僕ら最初はタイアップとかテレビ番組にも出なかったので、本当に口コミ。友達から友達へ」と説明すると、バカリズムも「口コミも本当の口コミですよね、口頭の口コミですよね」と、純粋にファンの力だけで支えられていたことを付け加えた。

さらに「伝説の路上ライブ最終日」の事実については、ライブの評判を聞きつけたファンが路上に増え続けたため、安全上の理由から終了することになったのだが、最終的にライブに駆けつけたファンの数は、台風が近づく中なんと約7000人。

会場の横浜伊勢佐木町・旧松坂屋前がファンで埋め尽くされた映像が流れると、北川も「これぞ口コミですね」と改めてファンに支えられていることを語った。また、番組内で行われた20周年記念ライブでは「イロトリドリ」と「夏色」を披露。「夏色」の間奏中に北川がバカリズムコールを煽動し、ステージに上がったバカリズムと一緒に歌う一幕も。

最後は恒例となったイメージイラストのコーナー。ここでバカリズムがデビューのきっかけとなった、ももよとはなよが目から涙を流して号泣する姿を描くと、北川が「でもね、スゴいですよ 髪型合ってますよ。こういう二人 見えてるんじゃないかって位、これスゴいわ」と感想を言い番組を締めくくった。

次週は5月12日(金)、ゲストに木村カエラ、絢香、シェネル、防弾少年団を迎えて放送する予定。