「デキる女性=仕事もプライベートもなぜかうまくいく人」の特徴はなんでしょうか。それは、人と人をつなぐコミュニケーションで、使う言葉や印象を大切にしていることです。
今回は、私のまわりの社長をつとめる女性5名にお話をうかがい、共通して行っているある行動をお伝えしていきたいと思います。これをマネすれば、仕事だけでなく身のまわりのこともうまくいくようになりますよ。

デキる女性がしている5つの行動とは

1 … いいと思った言葉は常にメモ

「素敵だな、いいなと感じた言葉はその場でメモをとり、見返したときにシーンを想定してどう使うかまでイメージをします」(32歳・Yさん)

▽ 常に相手と会話をしていても「面白い、なるほど」とためになる話やネタは常にメモをし、いかしているのだそう。またいい言葉は自分を変えるので、積極的にいろいろな経営者の講義をききに行くことも多いそう。いい言葉との出会いは自分をエレガントにします。

2 … ムッとしたときこそ笑顔

「会社を経営していると、毎日いろいろなことが起こります。しかしイチイチ反応していたら自分も相手も成長しません。ムッとしたときこそ笑顔で対応します」(38歳・Nさん)

▽ 仕事では嫌味や皮肉を言われたり、嫌なこともときには起こります。そんなときは感情的になる前に、ひと呼吸おいて笑顔で対応をしてみましょう。たとえば有休をとったときに「気軽に休めていいわね!」と皮肉を言われたら、「ありがとうございます!」とさわやかに返しましょう。

3 … ミスをしたときは素直に謝る

「上の立場になればなるほど、プライドが邪魔をして謝れなくなります。しかしミスをしたときは素直に立場に関係なく謝ることで、信頼関係が築けます」(36歳・Kさん)

▽ 年をとるほど、素直に謝ることが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。立場に関係なく、自分がミスをしたときは素直に謝る……基本的なことのように感じますが、とても大切なことだと全員一致で回答いただきました。

4 … なにかを頼むときは謙虚な姿勢が常識

「相手が誰であれ、頼みごとをするときは謙虚な姿勢を心がけています。全員が頑張って成り立っている仕事だということを忘れたら終わり!」(33歳・Yさん)

▽ かっこいい名言ですね。上司が部下に当たり前のように「これ、お願いね!」などと頼むことはあってはならないと言います。謙虚な姿勢を心がけることで、まわりがついてきてくれるのだそう。

5 … 話は一度受け入れる

「一人一人考え方は違って当たり前なので、なにに対しても相手の言葉を『でも』と否定せず『いい考えだね』と受け入れます。人間は否定されるのを一番嫌うので、話は一度受け入れることが大切」(41歳・Iさん)

▽ 相手の会話はどんな話であっても、「いいですね・賛成です・そうですね」と一度受け入れたうえで、「私はこう思うのですが、いかがでしょうか」と自分の意見を加えるのがベストです。敵を作らずアイディアを広げられますね。

デキる女性は、なによりも相手とのコミュニケーションを大切にしています。「仕事で成功するには、まずは人間関係をかためることが大切」という意見もあったほど、デキる女性になるためには、誰に対しても平等に接することや思いやりの心が欠かせません!