オバサン顔になってない?老け顔「眉メイク」3つの修正ポイント

写真拡大

新しい人との出会いは楽しみでもあり、早く覚えて仲良くならなくちゃと緊張しますよね。お互いに、名前と顔を一致させなくてはと、特徴を探したりもします。
そうです、仕事も恋も大切なのは第一印象です。

ところが、眉メイクのせいで「老けている」と思われる場合も。
今回は、どうしても老け顔メイクに見えてしまう30代の女性に向けて、3つの修正ポイントをご紹介します。

◆老け眉ポイント1


◎眉毛細過ぎ! アムラー世代がにじみ出る


前回も、「昔のトレンド」メイクが老けて見える原因だと書きましたが、眉は時代ごとのメイクを反映しやすい部位です。

筆者は国内メーカーの美容部員を経験していますが、同じブランドでも時代ごとのミューズのメイクを見比べるだけで、その違いが一目瞭然でした。

アラサー、アラフォー世代の女性が学生時代を過ごした90年代は、安室奈美恵さんの細眉が大流行しましたよね。
メイク禁止の学校でも自眉をカットしたり抜いたりして、細くしたものです。
この時の細眉癖が、老け顔メイクの原因その1です。

脱却のためには、眉頭をアイブロウパウダーで太めにぼかし、眉尻まで一本一本描き足すようにふんわりとした質感を意識してみましょう。アイブロウパウダーはプチプラブランドのもので十分です。薄めの色から濃い色までのグラデーションセットがおすすめですよ。

◆老け眉ポイント2


◎くっきり、のっぺりなバブリー眉


アラサー世代に限らず、メイクが苦手という人によく見られるのが、アイブロウペンシル1本で眉頭から眉尻までしっかりと埋めた、のっぺり眉メイクです。

極端な例を挙げるなら、「オッケー、バブリー!」とソバージュをなびかせるバブルネタで話題の芸人、平野ノラさんの眉です。

彼女はバブル時代のメイクをデフォルメ気味に再現しているのですが、これをデイリーメイクにしたら老け顔に見えるどころか、ネタメイクになってしまいます。

そこまでひどくなくても、眉頭を濃く埋めすぎるときつい印象になります。そこで目指すべきは、石原さとみさんの優しく自然なアーチ眉。

自眉がしっかりとある場合、眉頭をアイブロウパウダーでぼかし、眉尻の足りない部分をペンシルで描き足します。そして眉の間を髪の毛と近い色か、少し明るめのパウダーで埋めてあげるだけで近づけるでしょう。

のっぺり解消には、薄いノーズシャドウで鼻筋から眉頭をぼかしてあげるとナチュラルに仕上がります。
石原さとみさんの自然な眉メイクは、ナチュラルメイク好きな男性にも高感度が高いそうですよ。

◆老け眉ポイント3


◎困ってるの?やりすぎ厳禁、韓国メイク系の太い下げ眉


若い女性に流行りの韓流系太い下げ眉メイクをご存知でしょうか。りゅうちぇるさんの妻であり、大人気モデルのペコさんや、加藤ミリヤさんが代表的かと思います。

眉尻が下がっていると、子犬を見ているような気持ちになって守ってあげたくなるかもしれませんが、おとなの女性が武器にするにはちょっと待ったと言わざるを得ません。

特に、恋のターゲットととの身長差がある場合、視線を上から浴びることが多くなります。すると、相手から見る眉尻を極端に下げた眉は、あなたの顔全体の印象ごと下に向けることになるのです。

また個人的な意見ですが、太めにぼかした眉尻を下げるメイクは、丸顔の女性に似合っていると思います。
面長の方は、眉尻が下がることで顔の印象が長く見えるので、ご自身の顔の輪郭によって取り入れ具合を調整できれば良いでしょう。

◆野放し眉を卒業して


眉メイクは他のパーツに比べておろそかになりがちです。また、手入れをしたくてもカットの加減がつかめないなどの難しさがあるようです。

でも、近年はナチュラルな眉が好まれていますので、イメチェン初心者にとって大チャンスですよ。

一番簡単で今すぐできるお手入れ方法は、この人の、こんな形にしたいというお手本を見つけたら、その形に描いてみること。そして余計な部分をカットするだけで、野放し眉から卒業できます。

恋もメイクも、コツは「力み過ぎない」ところでしょう。

ライタープロフィール


saki
たまに毒舌なコラムニスト。一度ハマるとどっぷり浸かるB型アラサー。アロマとコーヒーと舞浜の某レジャースポットをこよなく愛しています。