【MotoGP2017】第4戦スペインGPのフリー走行、ホンダ勢がトップ3を独占


ヨーロッパラウンド初戦第4戦スペインGPのフリー走行は、ホンダ勢が好調なスタートを切った。Repsol Honda Teamダニ・ペドロサが今季初のトップタイムを記録し、2番手にEstrella Galicia 0,0 Marc VDS ジャック・ミラー、3番手にLCR Honda カル・クラッチローが入り、ホンダ勢がトップ3を独占した。


ペドロサは、ウエットコンディションでの走行となった午前、ドライコンディションになった午後と、ともにトップタイムをマーク。スペインGPで3年ぶりの表彰台と、最高峰クラスにおいて3度目となる制覇に向け好スタートを切った。


ミラーは2番手につけ、フリー走行においての今季ベストリザルトを獲得した。ミラーは、午前のウエットコンディションで3番手、午後のドライコンディションでは2番手に入り、ヨーロッパラウンドに入ってからも好調さをキープしている。


3番手のクラッチローは、ウエットコンディション、ドライコンディションと、さまざまなセットアップにトライしながら好タイムをマーク。土曜日の予選、そして日曜日の決勝に向けて好調ぶりをアピールした。今年は第2戦アルゼンチンGPで3位表彰台を獲得。第3戦アメリカズGPでも4位入賞を果たしており、好調なシーズンのスタートを切ってヨーロッパラウンドを迎えている。


前戦アメリカズGPで今季初優勝を達成したマルク・マルケスは、14番手。好調なスタートを切ったホンダ勢の中で出遅れた印象だが、土曜日、日曜日と天候が回復することが見込まれ、決勝に向けてのセットアップに集中した。土曜日のフリー走行、予選ではトップタイム争いに加わり、3戦連続のポールポジション獲得と、今季2勝目が期待される。

【ギャラリー】2017 MotoGP Spain Jerez16

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/