写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「なんでこんな顔に生んだん?」「私はブスだから」
フジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00〜 ※関東ローカル)で4月30日、美容整形した女性を追った『シンデレラになりたくて…』(前編)が放送された。登場するのは、過去のつらい経験をきっかけに心を閉ざしてしまった若い女性たち。そこから脱出するための"美容整形"という決断を、多くの視聴者が固唾を呑んで見守り、番組視聴率は横並びトップで、同枠今年最高の7.4%をマークした(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

彼女たちが目指すのは、日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER」でランウェイを歩く、グランプリ賞金300万円の「整形シンデレラオーディション」。この結果を含めて描かれる5月7日の「後編」放送を前に、密着取材した佐藤孝樹氏(エムパ代表取締役)に話を聞いた――。

佐藤氏は、フジテレビ夕方のニュース番組『スーパーニュース』(1998年〜2015年)の特集コーナーで、美容整形を報道番組として初めて取り上げて以来、約13年にわたってこのテーマを取り上げたドキュメンタリーを制作。「一歩踏み出せない子たちが、顔が変わることによって内面も変わることに気づいてから興味を持ち、ライフワークのようになっています」という。

「前編」に登場したのは、顔へのコンプレックスから、メイクに異常なこだわりをもつ市川睦さん(19歳)。「なんでこんな顔に生んだん…? お母さんのせいや!」と、思わず母親に当たり散らす衝撃的な場面も見られた。そしてもう1人は、同級生に「キツネ目」と言われたことをきっかけに、10年間にわたって引きこもり生活を送ってきた後藤華さん(19歳)。顔に加え、全身の脂肪吸引も決意した彼女は、手術の麻酔で朦朧(もうろう)とする中、「私はブスだから、体で勝負しないといけない!」と泣きじゃくった姿が印象的だ。

いずれも、他人から見ると、整形など必要ないと思える容姿だが、佐藤氏は「幼少期の何気ない一言がコンプレックスになり、それが小さな種のようになって、長年の間にどんどん育ってきちゃうんです」と、これまでの取材経験から分析。そんな佐藤氏でも、今回密着した女性たちは「13年間やってきた中でも、まぁ重いです」と驚いたそうだ。

それを象徴するのが、この手のドキュメンタリー番組制作には欠かせない、昔の自分の写真。小中学校の卒業アルバムを捨てている人が多く、容姿が気に入らないためにそもそも写真を撮っていないので、「VTRをつなぐのに苦労しました」と漏らす。

こうした環境だけあって、親や自宅での取材交渉は、かなり難航したそう。取材対象者は、ボカシなしで本名を出すというのを最低条件に決めているそうで、難色を示す親には「お母さんがちゃんと顔を出して、娘さんたちに応えることによって、彼女たちは自信を持つと思います」と説得するそうだ。

そして、手術を終え、生まれ変わった自分に自信を持った彼女たちは、皆笑顔。以前は親子の会話がなかったが、心躍ってたくさん話しかけてくるようになり、それによって親にも変化が生じるのだという。市川さんの母親は、それまで"親子"という関係が苦しいものだったのが、「しゃべれたら、親子楽しいなって…」と本音を吐露。別の家族では、取材が入ることであらためて親子が向き合い、話せるようになったと感謝され、佐藤氏は「本当にうれしかったです。取材したかいがあります」と思い出していた。

今回、ナレーションを担当するのは、俳優の千葉雄大。"王子様キャラ"でおなじみで、タイトルにもなっているシンデレラストーリーにはぴったりのキャスティングだ。その起用理由を尋ねると、「10代から20代前半の女の子が出てくる中で、同じような悩みを持っている子が、大なり小なりいると思うんです。そういう子たちに、自分の殻を破って次のステップへ進む姿を伝えたいと考え、同世代の女の子が興味を持って聞いてもらえる優しいナレーションを入れたいと思いました」と狙いを明かす。テーマがテーマだけに、「(千葉さんも)悩まれたと思うんですが、本当に受けていただいてよかった。すごく感謝してます」とホッとした様子だ。

●手術中・術後の様子も放送「ある意味で衝撃映像」
ここまで、美容整形によって明るい未来を手にした様子を紹介してきたが、佐藤氏は「もちろん奨励しているわけではないです。僕自身も中1と小6の娘がいますが、やるといったら反対します」と強調する。そのため、「作る中で一番気にしているのは、視聴者に、この子たちにとって、本当に整形が必要なんだということ。これがないと次に進めないほど追い詰められている姿を描いているつもりです」という。

さらに、従来の美容整形を取り上げたドキュメンタリーでは登場することのなかった、手術中に痛む姿や、術後の顔が腫れた状態も映している。「ある意味で衝撃映像になっているかもしれないですが、それを描くことで、魔法みたいに変わるわけじゃないんだということを、きっちり伝えています」と説明した。

また、密着する女性たちに対しては、美容整形という決断を数多く見てきた1人の大人として、忠告を行うという。1つは「整形したことを周囲に隠さない方がいい。自分にウソをつくことになるから、生きるのが苦しくなって、また元の自分に戻ってしまう」。もう1つは、「今回手術して、その後ほかの部分もやりたくなって依存してしまうかもしれない。それだったら、絶対にやめた方がいい」。このように念入りに確認する理由を、佐藤氏は「殻を破るきっかけであればいいだけで、美容整形に固執する必要は全くないと思うんです」と語った。

7日放送の「後編」で密着する馬場汐音さん(23歳)は、性同一性障害だったため、1年前に体も戸籍も女性になった。その過去が分かると、事前審査で落とされてしまうのではという懸念があったそうで、今回の取材をきっかけにして、手術前にカミングアウト。「同じ悩みを持つ人たちの光になりたい!」と、強い決意でランウェイを目指す様子に加え、家族の苦悩や、彼女をバックアップしていく姿も描かれる。

『ザ・ノンフィクション』としては、異例の2週連続企画だが、「1人1人にドラマがあって、しかもそれが軽いドラマじゃないんです。正直描ききれてない部分が山ほどあります」と悩ましい。今回密着した女性たちでも、前向きになって今後社会復帰する人もいれば、結婚する人が出てくることも想像でき、「シリーズができればと思っています」と意欲を示した。

また、取材を通して、「美容整形する本人というより、親御さんの向き合い方を見ていると、自分自身も勉強になります」と、学ぶ部分があったそう。「親子関係が崩壊している姿と修復していく姿が描かれているので、今、こういう時代だからこそ、ぜひ親御さんにも見てもらいたいです」と呼びかけている。

(C)フジテレビ

(中島優)