映画『美女と野獣』ライブ・オーケストラが4月29日(土)行われ、プレミアム吹替版でベル役を務めた昆夏美さんと、野獣役を務めた山崎育三郎さんがサプライズで登場しました。

2人は『美女と野獣』の本編を生演奏で楽しむライブ・オーケストラ上演後のスペシャルアンコールとしてステージに現れ、オーケストラをバックに『愛の芽生え』『ひそかな夢』を歌い上げ、会場に駆け付けた観客5,000人を魅了しました。


現在大ヒット公開中の『美女と野獣』。山崎さんは「社会現象になった“アナ雪”を初日から3日間で超えた……って言えって言われました(笑)。たくさんの人に会うたびに、“見たよ”と言われるので、反響を毎日実感しています」と笑いを交えてコメントしました。

この日の演奏について昆さんは「本当に皆さんのパワーに吸い込まれてしまいそうです。たくさんの皆さんの前で歌えて光栄ですし、オーケストラの皆さんと一緒に演奏できるのは、大変貴重な経験ですので、胸がいっぱいで泣きそうになりました」と興奮冷めやらぬご様子でした。


2人が出演するプレミアム吹き替え版について、「ミュージカルで主役を張れる、大スターが集まりました。プレミアム吹き替え版もご覧いただいて、字幕版との違いを楽しんでもらえたらなと思います」とニッコリ。


さらに山崎さんは「“美女と野獣”はアニメーションやミュージカルでもあったんですが、今回の映画で日本語が美しく生まれ変わりました。グッとくるような日本語の美しさが素晴らしいです」とその魅力をアピールしました。

最後に映画の主題歌でもある『美女と野獣』を披露すると、会場からスタンディングオベーションが贈られ、大盛況のうちに幕を閉じました。

【参考】

※ 美女と野獣 - ウォルト・ディズニー・ジャパン

【関連記事】

※ 世界初の試み。映画「美女と野獣」ライブ・オーケストラ開催

※ エマ・ワトソン主演で話題の「美女と野獣」GWのおでかけは映画で決まり!

※ ベッキーがLINEで繋がりたい芸能人とは?「優しい」あの人

※ 松本人志にインタビュー!「ドキュメンタル」の裏話を語る

※ 中村アン、寝坊してしまった過去を暴露!