和をテーマにしたデジタルアート『食神(たべがみ)さまの不思議なレストラン』展において、20世紀を代表する世界的フレンチシェフ、ジョエル・ロブション氏監修の展覧会オリジナルメニューが登場します。期間は5月1日(月)〜5月21日(日)。



出典:@Press

ジョエル・ロブション氏監修の料理は“和”のテイストを感じる2種類のオリジナルメニュー。

そのひとつ『能登産黒豆をのせた“吟醸仕込純米”のブランマンジェ』700円(税込)は、牛乳と生クリームでコクを出し、アクセントにすっきりとした和三盆を加えました。

石川県能登産の日本酒“吟醸仕込純米”の香りが引き立つブランマンジェです。

また『コンテチーズとジャンボンを包み込んだ青さのり入り米粉パン』800円(税込み)は、酒粕を合わせ発酵させたもっちりとしたパン生地で、コンテチーズとジャンボン(ハム)を包み込んだ、青さのり香る一品。

 

■「食神さまの不思議なレストラン」展



出典:@Press

『食神さまの不思議なレストラン』展は“食べて完成する展覧会”をコンセプトに、世界最高峰のデジタルアートと一流料理人の料理を融合した5感で体験するユニークな展覧会です。

世界的デジタルアート集団『モーメント・ファクトリー』が手掛けたデジタルアートで和食の魅力や良さを感じていただいた後に、中東久人氏が考案した毎日提供している定番メニューに加え、村田吉弘氏やジョエル・ロブション氏の期間限定メニュー、伏木暢顕氏が厳選した希少な発酵食や日本酒などを実際に味わうことができます。



出典:@Press

展覧会に登場するキツネ役のボイスキャストには乃木坂46の松村沙友理さんと若月佑美さんをダブルキャストで起用しました。

 

■20世紀を代表する世界的フレンチシェフ・ジョエル・ロブション氏

仏・ポワチエ出身。15歳でホテル『ルレ・ド・ポワチエ』で料理技術の基本を学び、29歳で『コンコルド=ラファエット・ホテル』の総料理長に就任、1976年に31歳でフランスの国家最優秀職人章(MOF)を受賞。

1981年には独立してレストラン『ジャマン』を開店、後に店名を『ジョエル・ロブション』へと改め移転拡大。

現在、ヨーロッパからアジアまで世界10カ国に店舗を展開。レシピ本の執筆や商品開発の監修等、第一線で活動し、世界中の食通に愛され続けています。

 

最先端のデジタルアートに加え、著名な料理人が手掛ける芸術のような料理に触れるチャンスです。

ゴールデンウィークに訪れてみてはいかがでしょうか。

【参考】

※ 「食神さまの不思議なレストラン」展、 世界的フレンチシェフ「ジョエル・ロブション」の 期間限定メニューが登場 - 食神さまのレストラン製作委員会 - 食神さまのレストラン製作委員会

【関連記事】

※ 1日8名限定!チームラボが提供するインタラクティブな食事体験

※ 240通りの組み合わせから選べる「オーダーケーキ」が登場

※ 最高のこだわりを詰め込んだ「お茶とおにぎり」専門店

※ フランスのリキュールを使ったカクテルを楽しめるバーが期間限定で登場

※ 発酵パワーで栄養抜群!体に優しくて美味しいジェラート