彼氏と休日が被らなくてデートができない! 半同棲や長期旅行の解決策も♡

写真拡大

彼氏と休みの日が合わないと、会えなくて寂しいですし、会えたとしても食事だけ、一杯飲むだけと物足りないですよね。今回はお休みが合わないというカップルのお悩み解決法を紹介します!



1. 思い切って同棲しちゃうのもアリ!


カップルで休みが合わないので、同棲することにしました(あるいは半同棲することにしました)、こういうカップルもいます。
休みの日が合わないだけで、夜はたいていふたりとも家に帰っているわけですから、同棲することで、ふたりの時間が作れますよね。

この方法のコツは?
若い人の同棲って、結局のところ、親になんと言うのか? という障壁があると思います。が、「親には適当なウソを言う」という世渡り上手な女子もいます。たとえば「友だちとルームシェアするから」とウソを言うとか……。ウソをつくことがいいことなのか、良くないことなのか、賛否あると思います。でも半同棲くらいなら、べつにウソもなにも必要ないのでは? 物理的に、彼と一緒にすごす時間がないと、愛は深まりずらいですから。

2. 頑張って夜更かしデートする


お休みの日は合わないけど、夜は彼も彼女も仕事をしていないという場合、上の同棲のアレンジパターンとして「頑張って夜更かしデートする」というのがあります。
たとえば夜の8時に彼氏とどこかで待ち合わせして、深夜の2時くらいまでデートして、翌朝は7時に起きて仕事に行くとか、たまにはそうゆうデートも面白いはずです。



この方法のコツは?
このパターンって、結局半同棲状態に落ち着くケースが多いように思います。時間を有効に使うために半同棲をしてみるといいです。
半同棲したところで、夜仕事が終わってから彼と会って、一緒にごはんを食べて、彼のおうちかあなたのおうちに泊まって……。という、わりと決まりきったデートのパターンにしかならないかもしれませんね。
そうなってしまいそうだったら、たとえば外食するお店を工夫するとか、二人で食事を作ってみるなどで、楽しい交際ができますよ。

3. 長期休暇や有給休暇を活用して!



ふだんの日は、ほとんど彼氏と会わないで、夏休みとかお正月休みなどの長期休暇を彼氏と合わせる人もいます。
そういう人の中には、夏休みには彼氏とモルジブに7泊8日旅行に行くとか、ハワイに1週間行くなど、かなり豪勢な旅行を彼と楽しむ人もいます。いわゆる「1点豪華主義」です。
ふだんの日は彼と会うのを思いっきり我慢して、貯金もして、長期休暇を思いっきり楽しむ。これはこれですごいことではないでしょうか。



この方法のコツは?
カップルでお互いに自立できていれば、このパターンが心地いい人だっているでしょう。彼と週1で会わないと「なんとなく」淋しいとかと思うかもしれませんし、割り切って「半年後の夏休みまで、彼と会うのは我慢」と思える人も少ないのかもしれません。

でもお互いに自立できていれば、こういう関係も「あり」では?
「ふだんの日は、ほとんど彼と会わない」と人に言うと、きっと驚かれると思います。でも、カップルだからといって、ふだんから会っていないといけない、なんてことはないわけです。世間の常識を覆すくらいぶっ飛んだ交際方法を、カップルで楽しんでみては?

世の中には、カップルでお休みが合わない人たちが大勢います。
でも、合わない予定をどうにかやりくりして合わせるとか、会えない日に相手のことを想うとか、そういうことができる恋愛って、かなり高尚でいいものです。
反対に、いつでも会えるけど、会うたびにマンネリ化しちゃったデートでつまらない、という交際が、もっともマズイのでは?

会えない時間すら楽しむ工夫ができたなら、その交際は長持ちします。なんらかの工夫をして、彼ともっともっとラブラブになってみてはいかがでしょうか。
そもそも愛って、会えない時間がはぐくむもの。彼とお休みが合わなくったって、本当は全然OKなのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)