北朝鮮の労働新聞は5日、「われわれの打撃は、一時に全面火の海、一撃のもとに完全な掃討、一気に最後の勝利へつながるであろう」としながら、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の軍事力を誇示する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「力のない正義は正義に挑戦する横暴な力によって砕け散ってしまうというのは歴史が教えた血の教訓である」と強調した。

また、「われわれの自衛的抑止力は祖国の永遠の強盛・繁栄のために、民族の千年、万年の未来のためにわが人民が数十年間、困苦欠乏に耐えて築いた億年の富である」と述べた。

さらに、「米帝が原子力空母打撃団をはじめ誇示性、威嚇性の各種の戦略・戦術兵器を振り回して軍事的威嚇・恐喝によって自分らの目的を実現してみようと企んでいるが、東西南北も見分けられないこのような軍事的挑発の狂気は事実上、精神的弱者の虚勢であり、悲惨な臨終に瀕した者の断末魔のあがきである」と主張した。

そのうえで、「今、敵撃滅の意志で満装弾された無敵の千万の銃剣は憎らしい標的を狙って最後の聖戦の猛射撃命令を待っている」と警告した。