【詳細】他の写真はこちら

ソフトやドライバーをアンインストールしても

PCの動作がおかしい……そんな時に!



ソフトのインストールや周辺機器の増設などは、普通にPCを使っているなら誰しも経験するものです。しかし、中にはソフトのインストールと同時にシステムの設定を変更し、他のソフトが動かなくなるといった場合も。また、ドライバーを更新したら周辺機器が動かなくなった、といった問題が起こる可能性も少なくありません。

こういった問題は、ソフトやドライバーのアンインストールと再インストールで直ることも多いのですが、それでもダメな場合は以前の環境に戻せる「システムの復元」を試してみましょう。システムの保護が有効になっている場合は、自動で復元ポイントが作られているため、ソフトをインストールする直前の状態に戻すことができます。

使い方は簡単で、スタートボタンの右クリックから「システム」を開き、「システムの保護」をクリック。するとシステムのプロパティにある「システムの保護」タブが開きます。ここで「システムの復元」ボタンをクリックし、推奨される復元を実行するといいでしょう。

なお、復元ポイントが複数ある場合、選択することができます。復元ポイントを選びたい場合は「別の復元ポイントを選択する」に切り替えてから「次へ」をクリックすると、候補が一覧表示されます。

なお、復元ポイントが1つもない場合、システムの復元は利用できません。トラブルが起きてから慌てることがないよう、システムの保護を有効にしておきましょう。



▲システムのプロパティにある「システムの保護」タブから、復元が可能です。「システムの復元」ボタンをクリックしましょう。



▲すると、直前に更新された復元ポイントが推奨されますので、多くの場合はこのまま復元すれば大丈夫です。「次へ」をクリックします。



▲この画面で最終的な確認をします。どういった変更が行われたときの復元ポイントなのかは「説明」にあるので、確認しておきましょう。「完了」ボタンをクリックすると復元が始まります。



▲推奨された復元ポイントではなく、自分で選択したい場合は「別の復元ポイントを選択する」を選びます。この場合、複数の復元ポイントからどの状態に戻すのか選べます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ