拒食症を患い自ら命を絶った15歳少女(出典:http://www.telegraph.co.uk)

写真拡大

深刻な拒食症により精神科病院で治療を受けていた15歳の少女が、病院側から退院の指示を受け自宅に戻った5日後に自ら命を絶った。少女の両親は娘への十分なケアを怠ったとして、死因審問で病院側を批判した。英『The Telegraph』など複数メディアが伝えている。

英グレーター・マンチェスターのガットリーに暮らすマリー・マクマナスさんとジムさんの娘ピッパさんは、12歳の頃から深刻な拒食症に陥った。

鏡を見るたびに「太っている」と思い込んだピッパさんは過度のエクササイズと食事制限を続けたが、次第にその抑制が効かなくなり、2012年のクリスマスに心配した家族は病院へアドバイスを求めた。

ストックポートの精神科病院に通院していたものの体重が27kgにまで落ちたピッパさんは、精神保健法のもと「The Priory Hospital Altrincham」で治療を受けるようになったが、拒食症だけでなく栄養失調やうつ、自傷行為にも悩まされていた。

入院中はぬいぐるみの中から鉛筆削りの刃が見つかっており、ピッパさんは家族の前でも自殺をほのめかすような行為をしていたという。家族や医師、愛犬に「もう生きていたくない。これ以上闘えない。頑張ったけどもう無理」といった別れの手紙を綴っていたそうだ。

家族は不安定な状態だったピッパさんへの病院側の対応に不安を抱いていたが、2015年12月に病院側はピッパさんを退院させた。しかしその5日後、家族との口論が原因で家を飛び出したピッパさんは地元の駅で電車に飛び込み命を絶ってしまった。わずか15歳だった。

5月1日、ストックポート検死官裁判所で行われた死因審問でピッパさんの両親は「精神的疾患による拒食症は死亡率が非常に高いのにもかかわらず、病院側は効果的な治療を怠った。もし正しい治療が施されていれば、娘は命を落とすことはなかっただろう。娘の死の責任は病院側にある」とピッパさんが入院していたThe Priory Hospital Altrinchamを批判した。

これに対して、ピッパさんの治療にあたっていた思春期精神分析医は「食習慣やエクササイズ量をコントロールできるかという課題はあったが、自宅で試してみることも必要だと判断した。病院に戻ることになるという懸念もあったが、患者本人が不満を募らせていたこともあり長期入院させるのは逆効果という不安もあった」と述べている。

判事は「ピッパさんを退院させた病院の判断は適切と言えるが、患者の家族とのコミュニケーションを怠り、退院後1週間は統計学的にも自殺のリスクが増加することを警告しなかった」という評決で裁判を締めくくった。

この評決を受けた病院のパウラ・スタンフォード理事長は「ピッパさんの家族には心からお悔やみを申し上げます。このたびの判決を今後は十分考慮したい」と話しているが、検死審問に関わる慈善団体「Inquest」代表のデボラ・コールズさんは「家族は、ピッパさんを退院させることは非常にリスクが高いと知っていました。ピッパさんの死は精神が非常に不安定な状態で退院させたことにより起こったもので、病院側の患者へのケアが不十分ということを暴露しているようなものです」と語っている。

このほどピッパさんの死を悼んで寄付金サイトが設置されており、集まった募金はピッパさんのような拒食症に苦しむ患者の治療にあてられるという。

出典:http://www.telegraph.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)