北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードの最中、人民大学習堂のバルコニーから手を振る金正恩氏(2017年4月15日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米朝関係が緊迫する中、北朝鮮は5日、米中央情報局(CIA)が金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長を暗殺するため、韓国と共謀していると非難する声明を発表した。

 国営メディアが報じた声明で、同国の国家保衛省は、CIAと韓国の情報機関である国家情報院(国情院)が、首都平壌(Pyongyang)で実施された複数の公式行事の最中での「生化学的な物質」による金正恩氏の暗殺計画を立てた、と非難。

 また、CIAと国情院は「イデオロギー的に堕落」し、金正恩氏への攻撃を実施するため、「金(Kim)という苗字を持つDPRK(北朝鮮)の市民に賄賂を渡した」と述べた。

 さらに、「放射性および微小な毒性を含む生化学的な物質を用いた暗殺は、標的に近づく必要がなく、死に至る結果が現れるのは6か月もしくは12か月後になるため、CIAにとっては最善の方法だ」と指摘。「DPRK(北朝鮮)で最近発覚し粉砕された凶悪な犯罪は、DPRKだけでなく人類の正義と良心に対するある種のテロであり、人類の未来を損なう行為である」としている。

 ただ声明は、今回の企てがどうやって失敗したのか、またスパイとされる人物に何が起きたのかについては言及していない。
【翻訳編集】AFPBB News