明治大DF柴戸海、浦和への来季加入内定 クラブは期待「危機察知能力が高く、鋭い縦パスも魅力」

写真拡大

13年度全国高校総体で優勝、選手権で優秀選手に選出

 浦和レッズは5日、明治大学のDF柴戸海の来季加入が内定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 柴戸は名門の市立船橋高校に入学し、2013年度の全国高校総体で優勝を経験。同年度の全国高校サッカー選手権でも優秀選手に選出されていた。

 浦和は柴戸のプレースタイルについて、「危機察知能力が高く、相手の攻撃の芽を摘む能力に優れるDF。攻撃面での鋭い縦パスも魅力で、ボランチもこなせる」と紹介し、大きな期待を寄せている。

 柴戸はクラブを通じて「浦和レッズという歴史と伝統のある素晴らしいクラブに加入できることを大変嬉しく思います」とコメントを残し、加入の喜びを伝えた。

 柴戸の全文コメントは以下の通り。

「このたび明治大学から来シーズンより加入することになりました、柴戸海です。浦和レッズという歴史と伝統のある素晴らしいクラブに加入できることを大変嬉しく思います。今まで支えてくれた家族、指導者、チームメイト、全ての方々に感謝しています。謙虚な気持ちを忘れず、少しでもチームに貢献できるように精進していきます。応援よろしくお願いします」

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images