出典:Nosh

面と向かって告白をする勇気がどうしても出ない場合、LINEでそれとなく思いを告げるのもアリでしょう。

ただ、闇雲に告白してしまうよりも、うまくいきやすくなるやり方で送ることが大事です。

そこで今回は、“LINEでの告白を成功させるコツ”を紹介します。

 

■「タイミング」を逃さない

あまりにも仲良くなりすぎて、友達関係という時間が長くなりすぎてしまうと、告白もしにくくなります。異性としては見られなくなってしまう可能性もあるので、できればあまり時間をかけすぎない方がいいでしょう。

友情として深い絆ができると、それを壊したくないという思いも生じてくるので、現状をキープしたいと考える男性もいます。男と女の関係になりたいのであれば、タイミングを逃さず、深入りしすぎてしまう前にLINEで思いを告げてみましょう。

 

■「好き」という言葉は必ず伝える

LINEで告白する際は表情などが見えず文字だけでの情報になるので、下手な言い方をしてしまうと、最悪の場合、男性が告白されていることに気がつかないなんてこともあり得ます。

回りくどい言い方や長々と思いを告げてしまうと、相手には伝わっていないこともあるかも。「好きです」とか「付き合ってください」という直接的な告白の言葉は、ちゃんと言っておくべきでしょう。

 

■「絵文字」は使わない

LINEだと絵文字やスタンプを当たり前のように使ってしまいがちですが、告白をする際には、さすがに使うべきではないでしょう。スタンプと一緒に告白をされても、真剣さに欠けますし、冗談で言っているようにも見えてしまいます。

本気で思いを伝えるなら、あえて絵文字やスタンプを使わない方が、男性もいつもと違う雰囲気にドキッとすることでしょう。本気さをちゃんと見せないと、男性も真面目に受け取ってくれないので、それだけは注意してくださいね。

 

■「送る時間」を間違えない

LINEを送る時間を間違えてしまうと、せっかくの告白も台無しになってしまいます。忙しい仕事中や朝などにそんなLINEを送られたら、男性としてもちょっと迷惑に感じる可能性も高いです。

仕事が終わった夜や休日の夜など、比較的ゆっくりとLINEを読んでくれそうな時間帯を狙って送る方がいいでしょう。デートをした後、お礼のLINEを送る際に、一気に思いも告げてしまったりするのもいいかもしれません。

 

LINEでの“告白”は、やり方を間違えてしまうと、気持ちが伝わらなかったり、冗談に取られたりもしやすいです。ちゃんと思いが伝わるように、真剣さははっきりと見せておきましょうね。

【画像】

※ successo images/shutterstock

【関連記事】

※ 楽しすぎッ!男性に「ずっと話していたい」と思わせるLINEテク

※ 理解者アピールは脈あり!男が「好きな女子」に送るLINE4選

※ ペット画像にドン引き…男がイヤがる女子のウザLINE3つ

※ 恋の駆け引き。男心を揺さぶる「LINEテクニック」4つ

※ かわいすぎっ♡男子がメロメロになっちゃう「モテLINE」3つ

※ モテないのはどうして?男が嫌う「NG女」の意外な特徴4つ