Doctors Me(ドクターズミー)- おっぱいが臭うチチガとは!? 乳首からワキガの臭いがする原因と対策

写真拡大 (全7枚)

自分ではちょっと気が付きにくい「自分の臭い」、結構気にしている人も多いのではないでしょうか。

臭いが強いことで良く知られているのは「ワキガ」ですが、実はおっぱいが臭うという「チチガ」もあるんです。

今回はそのおっぱいが臭うチチガについて原因や対策などをまとめました。

おっぱいが臭う「チチガ」とは?


おっぱいが臭うワキガのことを「チチガ」と言います。

わきが臭うワキガは良く知られていますが、このチチガはあまり知られていないかもしれません。チチガは乳輪から独特のワキガ臭がするというものです。

その臭いは、「タマネギのツーンとするような刺激臭」とか「なんともいえない独特の臭さ」などと表現されます。

そもそもワキガのような臭いが発生する原因であるアポクリン腺は、ワキ、陰部、肛門、乳輪、耳、などにあります。つまりワキガ体質の場合、これらの場所が臭う可能性があるということです。

そして特にチチガの場合は女性の方が臭いやすいと言われています。これはブラジャーなど胸に密着する下着をつけるのでムレやすく、そのために臭いがきつくなりやすいということです。

チチガの原因は?


チチガが臭う原因は何なのでしょう?

チチガに限らず、ワキガ臭がする原因は「アポクリン腺」から分泌される汗です。このアポクリン腺からの汗にはタンパク質や脂質、糖質、アンモニアなどが混ざっています。

そのため、この汗には雑菌が繁殖しやすく、あの独特のワキガ臭がするというわけです。

ワキガ体質の人の場合は、そうでない人に比べて「アポクリン腺が多い」「活動が活発」だと言われています。

このワキガ体質は親から子へ遺伝しやすいと言われています。必ずすべてが遺伝するというわけではありませんが、両親もしくはどちらかが臭いがきつい場合は、自分もワキガ体質である可能性があります。

私のおっぱい臭う!? チチガのセルフチェック


チチガは気が付きにくい場合があります。わきと場所が近いため、ワキガと間違えてしまいやすいのです。自分がチチガであるかどうかを確かめるには、以下のような特徴を見極めてみましょう。

□ ワキガである
□ ブラジャーに黄色いシミができる
□ ブラジャーを嗅ぐと臭いがする
□ 耳垢が湿っている
□ おっぱいが苦いと言われたことがある

これらの特徴に当てはまる場合はチチガを疑ってみましょう。特にチチガ独特の特徴として、なめると苦いということがあります。このような苦みをパートナーに指摘されたことがある場合、チチガである可能性が疑われます。

また、もし自分では自分の臭いが分からない場合は、脱いだブラジャーをビニール袋に入れ、翌日嗅いでみることで自分の臭いが分かるかもしれません。

おっぱいが臭うチチガ…治療するには?


このような気になるチチガ。根本的な治療はどうすればいいのでしょうか。

切る方法


ワキガの治療と同様に、手術という選択肢があります。ワキガでは「剪除法」という、アポクリン腺を取ってしまう手術が効果的ですが、チチガにはあまりおすすめできません。

場所がデリケートゾーンな上に、乳管や乳首を傷つけてしまう可能性があるからです。見た目という点でも傷が残ると目立ってしまいます。

ただし、近年「超音波吸引法」など手術法なども進化してきているので、病院によっては根本的な治療も可能かもしれません。

チチガの手術として多いのが、切らない治療法です。現在ではいくつか種類があります。

ビューホット


剣山のような極細の針を皮膚にさし、マイクロ派を照射して汗腺類を破壊します。再発が極めて少ないと言われていますが、まだ登場したばかりの機械なので効果は証明されていません。

超音波法


ウルセラドライという機械が代表的です。超音波を当てて汗腺類を破壊します。

ペアドライ


ビューホットとウルセラドライを組み合わせた治療法です。それぞれ単独で行うよりも効果が高いと言われています。

電気凝固法


針を刺し、電流を流して汗腺類を固めてしまうという方法です。

治療にはこれらの方法がありますが、効果や費用を医師と相談してよく考えましょう。チチガ治療には保険は適用されません。

チチガ治療をしている病院自体も少ないです。また、チチガはワキガよりもアポクリン腺が少ないこともあり、日々の対策で臭いを軽減できるということもあります。

おっぱいが臭わないために!チチガ予防対策


もし自分がチチガだと気が付いたら、どうすればいいのでしょうか。

清潔を心がける


臭いの原因はアポクリン腺から出る汗と皮膚にいる雑菌です。そのため普段から清潔にするように気を付けるだけでも、雑菌の繁殖が減り、臭いの軽減ができるでしょう。

毎日きちんとお風呂に入ることはもちろん、汗をかいたらこまめに着替えたり、拭いたりするのが効果的です。

デオドラント用品


消臭効果の高いデオドラント用せっけんや、デリケートゾーンに使えるデオドラント用品などが市販されています。これらを使うことで気になる臭いを軽減できるでしょう。

注意することとして、チチガに使えるものを選びましょう。ワキ用の普通のものだと刺激が強すぎる場合があります。

食事に気を付ける


普段からの食事に気を配ることでも、臭いの軽減ができます。肉類やジャンクフードなどに多い脂質や動物性たんぱく質はアポクリン腺から出る汗を濃くしてしまいます。

また、辛い物やアルコールも発汗を促進します。そのためそのような食事を続けていると臭いがきつくなる場合があります。

普段から野菜などを多めに、和食などバランスのいい食事をすることを心がけましょう。

基本的にチチガはワキガよりもアポクリン腺が少ないと言われていますから、ワキガよりは対策がしやすいようです。以上のことに気を付けるだけでも効果はあるでしょう。

チチガは日々のケアを大切に


おっぱいから嫌な臭いがするというのは、女性にとってはデリケートで切実な悩みです。

当人だけの問題でなく、恋愛やパートナーとの関係にも悩んでしまうことになりかねません。

あまり気になるようでしたら治療を受ける手もありますが、まずは日ごろから清潔を心がけて過ごすように気を付けましょう。

(監修:Doctors Me 医師)