岡山は1打差で決勝へ、メジャーの大舞台で躍動(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2日目◇5日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」2日目。首位タイから出た岡山絵里は4バーディ・1ボギーの“69”。順位を1つ落としたものの、トータル7アンダーの単独2位と好位置で決勝ラウンドに駒を進めた。
百花繚乱の女子ツアー!セクシーフォトなど特選カットは「写真館」で
午後組の1番から出た岡山は、前半はショットが荒れたものの「林に入っても良いリカバリーができた」とパーをセーブ。9番で残り100ヤードからベタピンにつけバーディを先行させると、後半も3つのバーディを奪取。ホールアウト時点では首位だったものの、後続の川岸史果に交わされたため明日は1打差を追いかける。
首位発進からの好プレーは成長の証だ。朝の練習から緊張は止まらなかったが「今日は今までの経験を活かして、緊張した自分を受け入れてプレーすることができた」。ラウンド中は「緊張すると体が固くなるので」と試合前にやっている肩甲骨まわりのストレッチをして体をほぐすなど精神面だけでなく肉体面もやわらげることで、去年までのように緊張からのミスがなくなった。
とは言え受け入れるは中々難しいこと。そこで岡山が実践したのがしっかりとイメージをすること。「これまでは失敗を許せず引きずってしまうことが多かった。最高のイメージをしてから球を打つ。イメージを心の中で言うんです。結果は後からついてくるものだと思って、一打一打そのことに集中した」。奏功したのが18番。ボギーを叩いて迎えたホールだったが、「ティショットが最高のイメージで最高のスイングができて最高の球が出ました。“バーディを絶対獲る”と思って打ちました」という2打目を1.5mにつけてバーディフィニッシュ。最高のかたちで明日へとつなげた。
「明日は大事な日だと思います。ただ、それを考えすぎるといけないと思うので気をわず心とコースと相談しながら攻めていきたい。パーを積み重ねて、バーディがくれば。という感じでいきたい」。ムービングデーも目の前の一打に集中して、初優勝へと向かっていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ギリギリ予選通過のアン・シネ、日本での注目度の高さに「胸が熱くなる」
レクシー・トンプソンが連日のサイン会「12歳から日課」
上田桃子は「自分のペースを守って」猛チャージ!さらなる爆発の予感も
セクシークイーンの悩殺ミニスカは「ライブフォト」でも!
人気プロの写真がもっと見たい方は、「写真館」をチェック!