@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

メルセデス-AMG E63エステート 価格発表

アウディRS6アバントの0-100km/h加速3.7秒を上回る「世界最速ワゴン」。その価格が発表された。トップ・モデルは、£90,490(1,312万円)である。

ラインナップは下記の2モデルで、いずれも四輪駆動車だ。

・E63 4MATIC+ エステート(570ps、76.3kg-m)
・E63 S 4MATIC+ エステート(611ps、86.6kg-m)

E63 4MATIC+ エステートは、サルーン・モデル同様の4.0ℓ V8ツインターボ・エンジンを搭載しており、0-100km/h加速は、0.1秒余計にかかるが、ワゴンとしては世界最速モデルとなっている。トピックは以下の3点だ。

・S 4MATIC+は、0-100km/h加速3.5秒(ワゴンとして世界最速)
・気筒休止からレースまで、5つの走行モードを用意
・四駆モデルながら「ドリフト」可能

レース・モードもあれば、気筒休止もある

このV8エンジンは、気筒休止システムを標準装備している。AMGによれば、
・コンフォート・モード選択
・エンジン回転1000rpmから3250rpmの範囲
という条件で、4つのシリンダーを休止させるという。つまり市街地走行を想定しているわけだ。

走行モードは
・コンフォート
・スポーツ
・スポーツ・プラス
・インディビジュアル
・レース(S 4MATIC+のみ)
の5種類。

レース・モードはサーキット走行を想定している。

噂のドリフト・モードとは?

トランスミッションは、9速スピードシフトMCTオートマティックで、いわゆる湿式スタート-オフ・クラッチを採用。E63は機械式ディファレンシャルを、E63 Sは電子制御ディファレンシャルを搭載する。

またどちらのモデルも、AMGの「パフォーマンス4MATIC+」四輪駆動システムを装備し、前輪・後輪へ自由にトルク配分できるのが特徴だ。

そして、四輪駆動搭載車にも関わらず、世間では「ドリフト」モードと呼ばれる機能がS 4MATIC+に搭載されている。

これは、パドル操作で起動することができ、トルクを後輪だけに送るよう固定するモードだ。ドライバーが解除しない限り、適用され続けるという仕組みになっている。

価格は、下記の通り。
E63 4MATIC+が、£81,130(1,170万円)
E63 S 4MATIC+が、£90,490(1,312万円)

メルセデス-AMGのトビアス・ムアースCEOは、このモデルについて、「AMGブランドのプライドをかけたドライビング・ダイナミクスと、日常使用に耐える実用性をミックスしました」と太鼓判を押している。