G大阪、首位浮上ならず【写真:Getty Images】

写真拡大

 5日に明治安田生命J1リーグ第10節の2試合が行われた。ガンバ大阪は首位浮上のチャンスを逃し、川崎フロンターレは快勝で5試合ぶりの白星を手にしている。

 G大阪はホームに清水エスパルスを迎えて1-1で引き分けた。

 前半を0-0で終えた後半の立ち上がり、清水は左サイドからのクロスにチアゴ・アウベスが左足のボレーで合わせて先制した。

 しかし、G大阪は2枚がえを行った直後の56分、倉田秋がゴールネットを揺らして1-1としている。

 前日の試合で首位だった浦和レッズが負けたため、G大阪は勝てば首位に浮上することができたが、勝ち点1の獲得にとどまった。

 川崎Fは17位に低迷するアルビレックス新潟をホームに迎え、3-0で勝利している。

 40分にハイネルがゴールを決めて1点リードで折り返した川崎Fは、後半立ち上がりの50分、鮮やかな崩しから小林悠が追加点を決めた。75分には阿部浩之が3点目を決めて勝負あり。3-0でリーグ戦5試合ぶりの勝利を手にした。

G大阪 1-1 清水
川崎F 3-0 新潟

text by 編集部