15& ペク・イェリン、悪質な書き込みをするネットユーザーに警告「すべて解決できると思います」

写真拡大

歌手15& ペク・イェリンが虚偽事実の流布に厳正に対応するという姿勢を明らかにした。

ペク・イェリンは4日、自身のInstagram(写真共有SNS) を通じて「Instagramで嫌がらせをする方々は、今すぐ措置を取ることはできませんが、このようなことが他の方にもたくさんあるので、もうじきできるようになるんでしょうね? 他のコミュニティに私の写真や書き込みで悪質な推測による書き込みや虚偽事実を流布することなど、すべて解決できると思います」という書き込みを掲載した。

また、ペク・イェリンは「いちいち釈明する必要もなく、そのような視線で見ると世の中に悪く見えないものがないのではないかと思います。心配してくださるファンの方々、皆ありがとうございます」とつけ加えた。

これに先駆けて、ペク・イェリンの所属事務所JYPエンターテインメントは、所属アーティストのファンコミュニティやファンページを通じてJYP所属アーティストの名誉や人格を毀損する行為全般に対して法的手続きを検討し、厳しく対応する方針を持って、アーティストに対する法的保護を継続している。積極的なアーティスト保護のために内部モニタリングだけではなく、ファンの方々からの報告も確認し続けている」と明らかにした。

また、所属事務所は「最近ファンの方々が送ってくださる報告がアーティストの保護の大いに役立っている」とし、悪質なデマや誹謗、虚偽事実の流布に対しては積極的に報告してほしいと強調した。