連日のように「iPhone8」の図面やレンダリング画像が報じられていますが、リーク情報で知られる人物が新たなiPhone8のモックアップ画像を公開しました。

リーク者「本物かどうかはわからない」

Apple製品のリーク情報で有名な@OnLeaksのスティーブ・ヘマーストファー氏は4日、TwitterでiPhone8とみられる端末の3Dモデリング画像を公開しました。
 


 
公開された画像は前面と背面で、噂されているように縦配置となったデュアルカメラ、2基のカメラに挟まれるように配置されるLEDフラッシュ、ほぼ全面をカバーするフルスクリーンディスプレイなどがわかります。また従来より少し長くなった電源ボタンも含め、各ボタンの配置も確認できます。
 
しかしディスプレイのデザインは湾曲していないようです。また背面にも指紋認証Touch IDが配置されているようには見えないため、ディスプレイに埋め込む形式となるのでしょうか。
 
ただし、ヘマーストファー氏はこの画像について「本物かどうかの確信はない」としており、信憑性は定かではありません。
 
 
Source:Twitter(@OnLeaks)
(asm)