放送終了「師任堂、色の日記」イ・ヨンエ&ソン・スンホンの運命の結末は?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエとソン・スンホンが結局再会した。

韓国で4日に放送されたSBS水木ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」最終話では、中宗(チュンジョン:チェ・ジョンファン) を避けてイタリアに行ったイ・ギョム(ソン・スンホン) の姿が描かれた。

イ・ギョムはイタリアでも師任堂(イ・ヨンエ) を恋しがった。絵を描き、芸術作品を作りながらも彼女を思い出した。

現実の中のソ・ジユン(イ・ヨンエ) は意識を失って倒れた。ソン館長(キム・ミギョン) は「私が金剛山(クムガンサン) 図を持っていると言ったら、信じるか」と話したソ・ジユンの言葉を思い出し、彼女を手伝うことにした。

ソン館長は「韓国大学のミン・ジョンハク総長が持っている金剛山図は偽物だ。最初からこの事実を知っていた。私と私の夫はこれを隠蔽し、利用してきた」と告白した。

続いてソン館長は「ミン・ジョンハク総長の下にいたソ・ジユン博士が本当の金剛山図を持っている。スジンバン日記という、師任堂が直接書いた備忘録も共に発見した」とし、「ミン・ジョンハク総長はソ・ジユンを脅かし、暴行を加えた。殺害まで試みながら絵を奪取しようとした」とすべてを暴露した。

やっとすべての真実が明かされたのだ。入院していたソ・ジユンも意識を取り戻し、戻ってきた夫チョン・ミンソク(イ・へヨン) に会って感激の涙を見せた。

しかし前世の師任堂は相変わらず大変だった。健康異常で痛みを訴えた。しかし帰ってきた息子たちの前では元気な姿を見せようとした。そして父を憎む息子たちに「でも君たちの父親じゃないか」と懸命な母親の姿を見せた。

イタリアで生きるイ・ギョムはますます壊れた。彼はしばらく師任堂を思い出しながら楽しい時間を過ごし、目の前から彼女が消えると涙を見せながら苦しんだ。

現実の中のソ・ジユンは家族と共に「師任堂思親詩碑」を訪れた。その後、余裕溢れる人生を生きながら幸せを感じた。

そのうち、義城君(ウィソングン) に会うためにボローニャに行ったソ・ジユン。彼女はそこの絵を触りながら義城君(ウィソングン) を感じた。

その際、ソ・ジユンは転生した義城君(ウィソングン) に会った。何も話さなかったものの、2人の間には妙な空気が流れた。2人は時代を超えて再会し、胸が熱くなるような感動を与えた。