Appleは現地時間5月4日、Apple TV向けOS、tvOS 10.2.1のベータ5を開発者向けにリリースしました。

バグ修正やセキュリティ改善が主な修正

tvOS 10.2.1の開発者向けベータ版は、現地時間4月24日にリリースされたベータ4以来の公開で、複数の海外メディアによると、今回のバージョンではバグの修正やセキュリティの改善が主な変更点とみられます。
 

リリース日
(現地時間)iOS
10.3.2macOS
10.12.5watchOS
3.2.2tvOS
10.2.1ベータ1開発者向け3月28日3月28日3月28日3月28日パブリック
テスター向け
3月29日3月29日――ベータ2開発者向け4月10日4月10日4月10日4月10日パブリック
テスター向け
4月11日4月11日――ベータ3開発者向け4月17日4月17日4月17日4月17日パブリック
テスター向け
4月18日4月18日――ベータ4開発者向け4月24日4月24日4月24日4月24日パブリック
テスター向け
4月24日4月24日――ベータ5開発者向け4月27日5月2日5月4日パブリック
テスター向け
5月2日――

 
iOS端末向けのiOSとMac向けのmacOSは開発者向けベータのほか、パブリックベータテスター向けのパブリックベータがありますが、Apple TV向けのtvOS、Apple Watch向けのwatchOSではパブリックベータは存在せず、開発者登録している場合のみ利用できます。
 
ベータ版は、Apple TVをパソコンと接続し、iTunesを使ってApple Developer Centerから入手したアップデートファイルをインストールして利用します。
 
 
Source:9to5mac
(asm)