兪正声全国政協主席は4日、高村正彦会長を団長とする日中友好議員連盟訪中団と人民大会堂で会談した。

写真拡大

兪正声全国政協主席は4日、高村正彦会長を団長とする日中友好議員連盟訪中団と人民大会堂で会談した。人民日報が伝えた。

兪主席は「国交正常化から45年で両国は相次いで4つの基本文書をまとめ、各分野の交流・協力は目覚ましく発展した。ようやく手に入れたこの局面を、一層大切にすべきだ。中国側は一貫して『歴史を鑑として、未来に向かう』精神に基づき、平和・友好・協力という両国の大きな方向性をしっかりと把握し、両国関係の改善・発展を推し進めることを主張している。日本側は中日間の4つの基本文書と4つの共通認識を順守し、歴史や台湾など重大な問題を適切に扱い、両国関係の政治的な基礎をしっかりと守るべきだ。日中友好議員連盟が伝統を発揚し、両国政界の交流に積極的に身を投じ、中日友好の発揚、両国関係の改善推進のために引き続き積極的に貢献することを希望する」と表明した。

高村会長は「昨年の両国首脳会談で両国関係の改善について共通認識を形成して以来、日中関係は改善基調を保っている。日中友好議員連盟として良き伝統を継承し、両国関係の改善・発展促進のために貢献したい」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集NA)