故障者/柏=大津 C大阪=水沼、澤上、山内
出場停止/柏=なし C大阪=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ10節
柏レイソル-セレッソ大阪
5月6日(土)/14:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
今季成績(9節終了時):6位 勝点15 5勝0分4敗 12得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●前節の新潟戦で大津が負傷。詳細は明らかではないが、今節は欠場が濃厚。
●3日のルヴァンカップ磐田戦は、圧倒的に押し込みながら、決定機を逸し続け痛恨の逆転負け。
●U-20ワールドカップのメンバーに選出された中山は、今節を最後に、チームを離れる。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップの磐田戦では、内容で相手を圧倒しながらも、少ない決定機をモノにされて手痛い黒星を喫した。しかし怪我から復帰した後、しばらくベンチスタートが続いたD・オリヴェイラが先発出場。卓越した能力で相手の守備陣を翻弄し、完全復活を感じさせた。
 
 大津の欠場が濃厚だが、調子を上げるD・オリヴェイラをはじめ、ベンチにはR・ロペスや、武富といったアタッカー陣が揃う。この攻撃陣が、リーグ最少失点を誇るC大阪の守備をいかにして崩すかに注目だ。
J1リーグ10節
柏レイソル-セレッソ大阪
5月6日(土)/14:00/日立柏サッカー場

セレッソ大阪
今季成績(9節終了時):5位 勝点16 4勝4分1敗 11得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●リーグ戦はいまだ1敗。ルヴァンカップを含めれば11戦負けなしと好調を維持する。
●7失点はリーグ最少。ユン・ジョンファン監督が強化してきた守備が機能している。
●前節の川崎戦で清武が復帰後初ゴール。調子を上げている。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップを含めて11戦負けなしと、チームの状態は非常に良い。守備陣はリーグ最少失点を誇り、杉本、柿谷、山村ら攻撃陣も調子を上げている。また、清武が川崎戦で復帰後初ゴールを奪った点も明るい材料だ。

 ただ、柏もリーグ3連勝中と勢いに乗っている。まずはD・オリヴェイラ、クリスティアーノら強力な攻撃陣を抑えられるか。守備を意識しつつ、素早い攻撃へとつなぎたい。