5日、中国メディアの人民網が、日本は再起するために朝鮮半島で戦争が起きることを願っていると中国の軍事専門家が分析していると伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年5月5日、中国メディアの人民網が、日本は再起するために朝鮮半島で戦争が起きることを願っていると中国の軍事専門家が分析していると伝えた。

記事は、日本メディアの報道を引用して、日本の護衛艦「いずも」が5月1日に横須賀港を出港し、房総半島付近で米補給艦と合流し、2日間の護衛任務を行ったことを紹介した。

この動向に対して、中国や韓国などの周辺国からは高い関心と警戒を引き起こしたと指摘。4月19日に中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官が、「関係各国は自制し、地域の緊張化を緩和するよう共に努力する必要がある。緊張状態の深刻化や矛盾の激化を通し自身の政治的な目的を果たそうとする動きはやめなくてはならない」と述べていることを伝えた。

この件について中国の軍事専門家である張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏は、「日本は背後でできるだけ米国をあおって、朝鮮半島で戦争になってほしいと思っている。戦争が日本再起の助けとなり日本に有利になると思っているのだ。また日本は、朝鮮半島によって中国の発展を阻止したいとも思っている。つまり、北朝鮮の脅威を取り除くと同時に中国をけん制するという一石二鳥を狙っているのだ」と語った。

さらに張召忠氏は、朝鮮半島で戦争となれば、日本は第二次大戦後の70年間で初めて戦争に介入することになるかもしれず、周辺国は警戒を強めるべきだと主張した。(翻訳・編集/山中)