男の子9人が揃うスコットランドの一家(出典:http://www.mirror.co.uk)

写真拡大

スコットランドのハイランド地方インヴァネスに、「連続的に男児をもうけた夫婦としては英国初」ではないかとされる夫妻がいる。育ち盛りの男の子9人、そしてお腹にいる10人目も男児という母アレクシスさんと夫デイヴィッドさんの日常を英紙『Mirror』が伝えている。

鉄道会社で車掌の仕事をしていたデイヴィッドさん(42歳)は、車内販売スタッフとして働いていたアレクシスさん(37歳)と1998年に出会った。

3年後、運転士に昇格したデイヴィッドさんとの間に、看護師として研修を終えたアレクシスさんは長男のキャンベル君を妊娠した。その8か月後に2人は結婚。現在は15歳になるキャンベル君を筆頭に、13歳、11歳、9歳、7歳、6歳、4歳、3歳、そして1歳2か月の9人の男の子に恵まれた。そして今、アレクシスさんは妊娠8か月目で10人目の男の子がまもなく誕生する。

アレクシスさんは「こんなに大家族になるなんて予想もしていなかった」と言い、「私はひとりっ子で夫もきょうだいが1人いるだけ。私たち夫婦もきっと子供は少ないと思っていたんです。でも今は9人の男の子の母親になってとても幸せです」と話している。

アレクシスさんとデイヴィッドさんが子だくさんに恵まれたのは、計画的なものではなかったそうだ。アレクシスさんによると、毎回ピルやコイル(女性用避妊具)を使用していたという。それでも妊娠してしまうのだから、やはり生命の誕生は不思議というべきだろう。

育ち盛りの男の子9人を抱える生活は、言うまでもなく毎日がカオスだ。フルタイムで仕事をしているデイヴィッドさんの代わりに、アレクシスさんが家事のほとんどを担う。整理整頓を心がけるアレクシスさんは、毎日の掃除機がけと洗濯は欠かさない。1日に4回洗濯機を回し、多い時で6回も掃除機をかけることがあるそうだ。

「食器洗い機がないので、次から次へと食器を片付けていくの。そうすればたまらないから」とアレクシスさんは明かすが、毎週消費する牛乳は48リットル、ポテトチップスは90袋と男の子たちが口にする食料は半端なく、食費は週に250ポンド(約36,000円)とのこと。週1回の買い出しも冷蔵庫やキッチンの戸棚に入りきらないほどの量になるという。

それでもアレクシスさんは、男の子9人の子育てを楽しんでいるようだ。「さすがに今後10人の男の子の臭いのするスニーカーが廊下に並べられるとちょっと…という気もするけれど」と苦笑するが、子供がどれだけ増えても「カオスには変わりない」と話していることから、すでに9人の男の子の母として度胸が据わっているのだろう。

そんなアレクシスさんは、子育てに「年上の子に下の子の面倒を見させない」というポリシーを持っている。

「子供たちは好きで大家族に生まれてきたわけじゃないので、下の弟たちの面倒を見ることで時間を制限されることはしたくありません。宿題や趣味、友達と一緒に遊んだりして子供たちにはそれぞれすることがあるでしょう。子供時代をおおいに楽しむべきだと思っています。」

そうした両親の子育てからか、これまで兄弟の多さに不満を口にした子はいないそうだ。またアレクシスさんは子供が多いからといって世間に「いい加減にしている」と思われたくないと言う。

「私も夫もきちんとした身なりでいることが好きなんです。だから子供たちにもだらしない格好はさせず、きちんと子育てするようにしています。」

アレクシスさんとデイヴィッドさんは、忙しい毎日を過ごす中でも月に2回はデートし、夫婦のロマンスを保っているという。なおデイヴィッドさんは現在パーキンソン病を患っているが、週に3回は仕事の後で武道を教えているそうだ。アレクシスさん自身も週に3回のエクササイズは欠かさず、これまで出産後も体型と健康をキープするように努めてきた。しかし今回は年齢的にもさすがに限界を感じており、10人目を出産したら避妊手術をする予定だと話している。

出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)