G-DRAGONからイ・ジョンソクまで、スターの子供の頃を一挙公開!

写真拡大 (全3枚)

人並み外れた子供時代を誇った子供たちがあっという間に大きくなって韓国を越えるグローバルトップスターに成長した。当時「スーパーマンが帰ってきた」や「パパ、どこ行くの?」があったら数多くの大人ファンを量産したはずだろう。子供の日を迎えて栴檀から優れていたスターたちの子供時代の写真をまとめてみた。

BIGBANGのG-DRAGONは4月に自身のInstagram(写真共有SNS) を通じてスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) 溢れるポーズの幼いクォン・ジヨンの写真を公開した。チビRoo'Raのメンバーとしてすでに子供時代にスポットライトを浴びた彼。写真には腰に手をあてて海辺を背景にポーズを取っている彼の姿が写っている。腰に手をあて、指先まで力を入れて、足首のバンド一つにも気を使ったファッションセンスは間違いなくG-DRAGONだ。

ドラマ「あなたが眠っている間に」の撮影に参加している俳優イ・ジョンソクも最近SNSに子供時代の写真をアップした。ノースリーブシャツ姿で水の中で遊んでいる子供のイ・ジョンソク。カメラに向かって愛嬌たっぷりのウィンクを見せた。爽やかな彼の姿は見る人々の「いいね」を誘った。

“国民の弟”ユ・スンホの過去はホ・ジュノを通じて久々に見ることができた。ホ・ジュノは最近、2004年に放送されたドラマ「拝啓、ご両親様」の写真を公開したのだ。ホ・ジュノは当時、劇中で自閉症を患っているユ・スンホの父を演じた。ホ・ジュノは写真と共に「僕はこの時からユ・スンホのファン」というコメントを書き込み、先輩・後輩の情を感じさせた。

女優ナム・ジヒョンは子供時代にMBC「電波見聞録−純粋の時代」に出演し、しっかりとした姿を誇った。はっきりとした目と可愛らしい顔立ちのナム・ジヒョンは「こんにちは。星になりたいナム・ジヒョンです」と力強く自身を紹介した。「何が一番怖いのか」というMCイ・ギョンギュの質問には「お母さんが怒る時」と答えた。大人になったナム・ジヒョンはあるバラエティ番組に出演し、「『電波見聞録』に出演した私をドラマ、映画監督が見ていただき、女優としてデビューすることになった」と明かした。