太らないよう日頃からカロリー制限に勤しんでいるあなた。カロリー過多が肥満や生活習慣病を誘発するのは誰しも知っているところ。過剰なカロリーを摂取しないためには、なるべく高カロリーな食材を摂取しないことが重要となってきますが、そんな高カロリーな食材として非常に有名なのがお肉です。カロリー制限に勤しむ女性においては、なるべくお肉を食べないよう意識している方も多いのではないでしょうか。しかし実際のところ、全てのお肉が高カロリーというわけでもないのです。部位別や種類別で大きく異なるお肉のカロリーについて調べてみましたので見てみましょう。

同じお肉でもこんなにカロリーに違いがある

お肉といえば牛・豚・鳥が定番ですよね。他にも様々なお肉はありますが、わたしたちに最も身近なお肉となれば上記のいずれかになると思います。ひとくちに牛肉・豚肉・鶏肉とはいっても、それぞれ取れる部位によって大きくカロリーは異なっているようです。参考に牛肉・豚肉・鶏肉の部位別カロリーの目安をまとめてみましたので見てみましょう。

【牛肉】100gあたり

●ヒレ:130kcal ●みの:180kcal ●ヒレ:220kcal ●タン:270kcal ●サーロイン:500kcal 
●バラ:520kcal

【豚肉】100gあたり

●ヒレ:120kcal ●ロース:260kcal ●バラ:440kcal

【鶏肉】100gあたり

●軟骨:50kcal ●ささみ:110kcal ●皮無むね:120kcal ●皮無もも:140kcal ●皮有むね:240kcal
●皮有もも:250kcal

脂身の少ない部位が低カロリー傾向

同じ種類の肉、同じ部位でもかなりカロリーにばらつきがあることがわかりますね。中でも脂身の少ない部位は比較的低カロリーとなっています。具体例としてはヒレやささみといった部位。低カロリーなお肉が食べたいというときにおすすめです。逆に多く脂肪を含んでいる部位は非常に高カロリーであることがわかりますね。サーロインやバラに関しては脂身の少ない部位の3倍以上ものカロリーを有しているようです。一層食べすぎには注意したい部位です。

低カロリーな鶏肉はダイエットにもおすすめ

よくダイエットのためにお肉を食べないという方がおられますが、かえって逆効果となることもあります。お肉には筋肉や肌、ホルモンの元となるたんぱく質が豊富に含まれています。お肉を断つことでたんぱく質が不足気味になり、太りやすい身体になりかねないからです。ただ食べ過ぎると逆に肥満ともなりえるので困ったところですよね。そこでダイエットしたいけどお肉も食べたいという方には鶏肉、それもささみを強くおすすめします。鳥のささみは良質かつ豊富なたんぱく質を含有している上、低脂肪かつ非常に低カロリー食材なのです。太りにくく筋肉もつきやすくなりますので、ダイエット中のあなたは積極的に食べておくといいでしょう。


writer:サプリ編集部