@AUTOCAR

写真拡大

自己ベスト更新 歓喜する2名のコメント

7分12秒7という数字は純粋な公道用モデルが記録したものであり、先代のそれを12.3秒上回るものだ。

「このラップタイムによって新型911 GT3が最高のドライビング体験を提供するだけでなく、ニュルブルクリンク北コースにおいても素晴らしいパフォーマンスを示すことがはっきりと証明されました」とポルシェのモータースポーツおよびGTカー担当の副社長、フランク-シュテファン・ヴァリザーは喜びとともに語る。

開発の目的はドライビングクオリティの最適化とエンジンパワーの僅かな増強だったのだという。

「数年前までこのようなラップタイムはスリック・タイヤを装着した純粋なレーシングカーのみが可能なレベルでした」とコメントするのは、GTプロダクトラインのアンドレアス・プロイニンガー。

「新型GT3はこのラップタイムを比較的穏やかなパワー特性と、日常的なドライビングシーンに完全に適合する特性とともに両立しています」とも。

なぜ12.3秒も上回ることができた?

新型GT3は先代モデルよりも一層、純粋なレーシング・テクノロジーに立脚している。

自然吸気エンジンがもたらす500psのパワーと高回転はGT3カップからそのまま受け継いでいる。

リア・アクスル・ステアリング、7速PDK、そしてミシュラン・スポーツカップ2 N1タイヤなど、アイフェル地方の有名なサーキットに生産型そのままの形で登場し、外気温度8°C、路面温度14°Cという理想的なコンディションで、テスト・ドライバーを務めるラルス・ケルンは走行に臨むことができた。

公道走行可能な後輪駆動のクーペは、公正な立場の監視下でこのベスト・タイムを樹立。

「ニュルブルクリンク北コースを速く走ることができれば、世界中のどこへ行っても速く走ることができます」

フランク-シュテファン・ヴァリザーはそうコメントしている。