潤いチークor潤いまぶた、映画『カフェ・ソサエティ』にみる春夏メイク

写真拡大

 こんにちは。映画で美活をモットーに活動する映画美容ライターの此花さくやです。GW中に観る映画は5月5日公開の『カフェ・ソサエティ』が断然オススメ!

 1930年代のハリウッドとNYを背景に、一人の平凡な男が二人の美しい“ヴェロニカ”を同時に愛してしまうというストーリー。ウディ・アレンが監督というだけあって、軽快なユーモアがたっぷりながらも、どこかほろ苦い恋愛映画に仕上がっています。

 同じ男に愛される二人のヴェロニカを演じるのは、クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリー。作中、彼女たちが纏うファッションやジュエリーはシャネルが映画のためにデザインしたものやコレクションから提供したものなのだそう。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=698650

 ゴージャスなクチュールドレスのほかにも、サンダルにソックスコーデやオールホワイトコーデなど、今の時代にもオシャレのお手本になるファッションが満載なのですが、さらに見所なのはクリステンとブレイクの“潤いメイク”。

 ちょうど2017年春夏メイクのトレンドも“潤い艶肌”なのです。それでは、クリステンとブレイクが魅せる潤いメイクをレクチャーします!

◆クリステン・スチュワートは「潤いまぶた」派

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=698646

 艶感がきいたメイクはこの春夏も引き続き流行中ですが、今季はパールで艶を出すよりも、“潤い”で艶を出すのがオシャレ。クリステンもブレイクもヌーディーメイクなのですが、クリステンはベースメイクをマットにしてまぶたに艶感を、ブレイクはベースメイクとチークに艶感を出しています。

【潤いまぶたメイク・ステップ】

<必要なコスメ>
・アイシャドウベース(オプション)
・イエローのハイライトパウダー
・パールベージュのアイシャドウかハイライター
・ブラウンのペンシルアイライナー
・ワセリン or クリアカラーのリップグロス
・ブラックカラーのマスカラ

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=698647

1. まぶたに色むらがある人はアイシャドウベースかコンシーラーをぽんぽんと指でのせます。(写真1)

2. イエローのハイライターをアイホールにふわっとのせます。イエローのハイライターはくすみをカバーするので、まぶたのくぼみには念入りにのせましょう。(写真2)

3. パールが入ったベージュカラーのアイシャドウやハイライターを上まつげのキワにのせます。(写真3)

4. ペンシルアイライナーで上下まつげの隙間を埋めていくように、アイラインを引きます。ガタガタしたラインは麺棒で整えましょう。

5. ワセリンを手の甲に広げて中指になじませ、まぶた全体にポンポンとのせます。つけすぎたときはティッシュオフ。人差し指を使うと力が入りすぎて色素沈着を起こしてしまうので、メイクのときは中指や薬指を使うようにしましょう。(写真4)

6. マスカラを上下まつげにつけて出来上がり。(写真5)

 映画のクリステンのようにベースメイクの最後にお粉をのせて、ふんわりマットに仕上げると目元の艶が際立ちます。チークやリップも肌になじむヌーディーカラーに抑えると上品にキマりますよ。

◆ブレイク・ライブリーは「潤いチーク」派

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=698649

 少女のようなマシュマロ肌のクリステンと異なり、艶々の小麦色肌が美しいブレイク。ブレイクのメイクはベースメイクとチークに艶をプラスしています。

 彼女のような潤い肌にするには、ベースメイクはリキッドやクッションファンデがおすすめ。オレンジのコントロールカラーで色ムラを消して透明感を出し、できるだけコンシーラーを使わず素肌感を演出しましょう。気になるクマやシミには、ファンデを重ねづけてナチュラルにカバーアップ。