SWシリーズにインスパイアされたドレスで登場

写真拡大

 FMラジオ局「J-WAVE」が「スター・ウォーズの日」を祝して開催するイベント「STAR WARS DAY TOKYO」が5月4日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、スペシャルステージに女優の山本舞香、モデルの池田美優が出席。山本と池田は、世界的デザイナー・森永邦彦氏が手がけたドレスを着て登場し、ストームトルーパーやR2-D2とともにポーズを決めた。

 スター・ウォーズの日は、劇中のセリフ「May the force be with you.」にちなみ、5月4日(May the 4th)に設定されたルーカス・フィルム公認の記念日。六本木ヒルズアリーナにはコスプレイヤーや熱狂的なファンら約3000人が集結し、1977年にシリーズ第1作が全米で公開されてから40周年という節目を祝福した。

 森永氏がSWシリーズにインスパイアされてデザインしたという2着のドレスは、ブラックライトを当てると柄が浮かび上がる仕組み。池田は「カイロ・レンのライトセーバーが浮き上がってきてすごい! これだけのために作ってくれましたが、持って帰りたいくらいです」と大満足の様子で、山本も「BB-8の柄がかわいいですよね、素敵でしょ?」と顔をほころばせた。

 さらに「初心者のためのスター・ウォーズトーク」と題したトークセッションでは、好きなキャラを問われた池田は「カイロ・レンが好き。黒い人が好きなので!」と回答し、山本は「R2-D2も好きですが、BB-8が一番好き。戦闘の合間のかわいいカットが癒やされますね」とニッコリ。するとBB-8がコロコロと転がりながら登壇し、山本はしゃがみ込み「超かわいい!」と目を輝かせていた。

 また、ダンス&ボーカルグループ「Flower」の鷲尾伶菜、藤井萩花、中島美央、重留真波、佐藤晴美、坂東希がジェダイローブをまとって登場すると、観客から爆発的な歓声が。最後は会場一体となって「May the force be with you!」と唱和し、大盛り上がりのうちにステージは幕を閉じた。なおシリーズ第8作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が、12月15日から公開される。