(C)2018「孤狼の血」製作委員会

写真拡大

 2018年春公開予定の白石和彌監督映画『孤狼の血』より、出演キャストのコメントが届いた。

(参考:『日本で一番悪い奴ら』白石和彌監督が語る、インモラルな映画を撮る理由

 本作は、ミステリー作家・柚月裕子の同名小説を原作とした警察ドラマ。暴対法成立以前の昭和63年の広島・呉原市を舞台に、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を担当することになった所轄署捜査二課の新人・日岡が、仁義なき極道の男たちに挑む模様を描く。

 大上を演じる役所広司をはじめ、大上の部下・日岡秀一を松坂桃李、尾谷組の若頭である一之瀬守孝を江口洋介が演じる。そのほか真木よう子、石橋蓮司、滝藤賢一、田口トモロヲが出演する。

 撮影は原作の舞台となっている広島県呉市で、4月17日よりクランクインしている。

■役所広司 コメント

非常に苦労しています、アクセントが一つズレただけで関西弁のようになってしまう。撮影スタッフさんの中に呉出身の方がいたりするので、確認しながら表現できるように努めています。

■江口洋介 コメント

呉の街が一望できる非常に素敵な場所。そして、呉に住んでいらっしゃる街の方たちから、毎日応援の声をいただくので、本当に街を上げて映画『孤狼の血』を応援してくださってくれているというのが伝わってきます。絶対にいい映画にします。

■松坂桃李 コメント

毎日勉強の日々です!今回、役所さん、江口さんという偉大な先輩方と共演できたことは、またとないチャンスなので、吸収できるものを出来る限り吸収して、これからもっと学んでいきたいです。

(リアルサウンド編集部)