2日、環球網公式SNSアカウントは、四川省成都市で目撃された心温まるエピソードを伝えた。相手のメンツをつぶさない、さえたやり方が中国ネットユーザーの称賛を集めている。資料写真。

写真拡大

2017年5月2日、環球網公式SNSアカウントは、四川省成都市で目撃された心温まるエピソードを伝えた。

これはネットユーザーが四川省成都市の飲料品店で目撃したエピソードだ。ある道路清掃員の男性が飲料品店に入り、「一番安い、冷たい飲み物をください」と言った。店員は「今、半額セールをやっています」とアイスレモンティーを渡していたが、店内のどこにもセールの知らせは書いていない。男性を傷つけない、優しいうそだ。無料でプレゼントする以上に素晴らしい心配りではないか。

この書き込みが中国ネットユーザーの間で話題となり、さまざまなコメントが寄せられた。

「清掃員さんのメンツも守る、素晴らしいやり方だよね」
「小さなことだけど、こういうことが社会には必要」
いい話だ!」

「これって差別じゃないの?相手をばかにしている。自分の方が相手より上だと思ってるんだよ」
「この後、清掃員の男性が仲間を引き連れてお店にやってきたりして…」

「うちはケーキ屋なんだけど、清掃員の方が水をもらいに来たりするよ。でもね、服が汚れているからか入り口で入りづらそうにしていることも。だから『清掃員の皆さん、ようこそ。お弁当を温めたり休憩したりしてください』って張り紙を出した」(翻訳・編集/増田聡太郎)