2日、中国への正式訪問を開始したデンマークのラース・ロッケ・ラスムセン首相は、最近中国ネットで話題となったデンマークで大量発生した生ガキについて、中国人観光客がデンマークに生ガキを味わいに来ることを歓迎する意を示した。資料写真。

写真拡大

5月2日、中国への正式訪問を開始したデンマークのラース・ロッケ・ラスムセン首相は、最近中国ネットで話題となったデンマークで大量発生した生ガキについて、中国人観光客がデンマークに生ガキを味わいに来ることを歓迎する意を示した。新華社が伝えた。

ラスムセン首相は成都で開催されたデンマーク観光奨励会で、「中国のSNSでデンマークの北部と西部への観光に興味を持っている人がたくさんいることは知っています。デンマークの美しい海岸を体験できるほか、私たちにとっては海でとれたおいしい生ガキを減らすことにも役立ちます。皆さんのご来訪を心より歓迎しています」と述べた。

奨励会の終了後、取材に対し、中国の消費者がいつデンマークに生ガキを食べに来るかはまだわからないと語った。その一方で、生ガキの大量発生というデンマーク人にとっての「災い」に対して、中国のネットユーザーの間で予想以上の注目を集めたことについては、中国へデンマークの生ガキを輸出することの潜在力とビジネスチャンスを意識したという。首相はまた、訪中期間中に中国との間で食品を含む58の分野での協力を検討する予定があると述べた。

ラスムセン首相は四川省滞在中、成都パンダ繁殖育成研究基地も訪問した。3月26日、コペンハーゲン動物園は準備中のパンダ館のデザイン案を発表した。パンダ館は2018年末までに完成し、中国からのパンダ2頭が暮らす予定だ。

「パンダは世界で最もかわいい動物です。四川に来てからさらに好きになりました」とラスムセン首相はパンダへの思いを隠さずに語った。

ラスムセン首相は、パンダは環境保護における中国の努力を示しており、これらの努力がなければパンダが絶滅してしまったかもしれないと考えている。また、パンダはデンマークと中国の両国間の友情の象徴でもあるという。

ラスムセン首相は今後北京を訪れ、多分野での協力関係について中国側と協議するとみられる。(提供/環球網・編集/インナ、黄テイ)