平手友梨奈(写真中央)

写真拡大

欅坂46が東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた「マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER」のライブステージに登場、会場を盛り上げた。

【写真を見る】崩れ落ちる平手友梨奈

同イベントは、さまざまなブランドのファッションショーやアーティストライブを開催し、日本のカルチャーを世界へ発信するファッション&音楽イベントで、今回は約3万人が来場。

欅坂は今回で3回目の出演。大型ビジョンに欅坂46のライブステージ登場のアナウンスが表示されると会場に大歓声がこだまし、所々に緑色のペンライトが点灯し始める。

ステージにメンバーが登場するとさらに歓声が沸き、「二人セゾン」でスタート。のちの取材で渡邊理佐が「登場前は緊張していましたが、歓声が聞こえてすごくうれしかった」と語ったように、メンバーみな緊張の色は見えず、やわらかい表情でパフォーマンス。

その後は一変「エキセントリック」「不協和音」と続けて披露、曲中にステージでメンバーが崩れ落ちていくパフォーマンスなど、欅坂らしいクールな表現でステージを締めた。

なお、9月16日(土)には千葉・幕張メッセ9〜11ホールで、「マイナビ GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」の開催が決定している。