水原三星対川崎で今回の問題が発生した。(C)Getty Images

写真拡大

 AFC(アジアサッカー連盟)が4日、サポーターが旭日旗を掲げた問題で、川崎に1年間の執行猶予つきでAFC主催の1試合を無観客試合とする処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を科すと発表した。
 
 この問題は、先月25日に韓国で行なわれたACLの水原三星戦で、観客席の川崎サポーターが旭日旗を掲げたもの。
 
 今後、1年間にサポーター等が同様の問題行動を起こした際、今回の処分が実行され、同時に新たな違反に応じた制裁も科される。