日本のイベント初登場となったカイロ・レン

写真拡大

 「スター・ウォーズの日」とされる5月4日、六本木ヒルズアリーナでファン参加型イベント「J-WAVE presents “STAR WARS DAY”TOKYO」が行われ、BB-8を筆頭に、ストームトルーパーやR2-D2やC-3PO、さらに日本のイベントで初登場となるカイロ・レンも登壇。その圧倒的な存在感で会場に強烈な印象を残した。

 この日は、シリーズを代表する名セリフ“May the FORCE Be With You”(フォースと共にあらんことを)にちなみ、5月4日(May the 4th)を「スター・ウォーズの日」に制定。全世界で『スター・ウォーズ』を盛大に祝うイベントが実施されており、日本では2年ぶりの開催となった。さらに今年は、記念すべき第1作『スター・ウォーズ』の全米公開から40周年を迎えるアニバーサリーイヤー。12月15日には、ファン待望の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開が予定されるなど、その熱狂はいまだ冷めることを知らず、大勢のファンがこの記念すべき日の祝福に訪れた。

 “「スター・ウォーズ」ファンもビギナーも一緒に楽しめる!”をテーマに行われた本イベント。会場には、シリーズ初心者の女子向けの“STARWARS DAY”MATSURI(祭り)と題し、ネイルや占い、フェイスペインティング、バルーンアートなどのアトラクション、そしてこの日限定のオリジナルフードやドリンクなどが出店。多くの女性や子供たちが思い思いに『スター・ウォーズ』体験を楽しんでいた。さらにはFlower、および源-Minamoto-&マーティ・フリードマンによるコラボライブを実施。会場にはおよそ3,000人が集結し、『スター・ウォーズ』一色に包まれた。

 特設ステージでは、雑誌「Popteen」モデルの池田美優(みちょぱ)、そして女優の山本舞香が来場。二人のドレスはレディー・ガガに衣装提供した世界的デザイナー森永邦彦氏の手がけたもので、一見、無地に見えるが、紫外線を当てると、池田のドレスはカイロ・レンのライトセーバーが、山本のドレスはBB-8の模様が浮かび上がる仕様となっており、池田は「このためだけに作ってくれたドレス。貴重な体験ができましたし、カイロ・レンになりきれた感じで楽しかったです」と笑顔。一方、BB-8をイメージしたお団子ヘアで登壇した山本も、「かわいいですよね。すてきでしょ」と満足げ。イベント終盤には会場全員で“May the FORCE Be With You”の大合唱で祝福の日は大盛り上がりとなった。(取材・文:壬生智裕)