【倉井史也のJリーグ】決して担当編集者の肉体をあげつらっているのではないGW対応原稿!? の巻

写真拡大

▽まぁ今週の原稿ってのは「足が短い」って言われるヤツでして、つーのが、今週末のJ1をテーマに書くって事になってるのに、この原稿が掲載される前に、もうJ1やってるし! でもって掲載されたらすぐに試合だし! もしかすると試合の後にこの原稿に気がついて「何言ってんの? コイツ」的な扱いをされちゃうんだし! そんな賞味期限の短い原稿のことを担当編集者に引っかけて「足が短い」って言うんですよ。あ、いや担当編集関係なかったっす。

▽つーことで、あんまり試合と関係ないことを書いておかないと、ヒジョーに悲しいことになってしまいますので、このGWで一番話題になったことは何かって調べますと、あ! FC東京の久保建英選手のデビュー! でも、これって久保選手がバルセロナに目を付けられてたから話題になってるんであって、果たしてあのまま日本で育って、ちゃんとみんなから注目してもらえたかな? ってところが一番大事じゃないんですかね。そうじゃないと、今現在日本にいる幼い「NEWスシボンバー久保」を誰も発見できないってコトでしょ? だったら久保選手を発見した人物の話を聞くほうが、「デビュー」ってことより重要じゃないかと思うのです。

▽ってことで、この話題をすっ飛ばして、次に有名になったのが徳島のボールボーイ(ボールパーソン)事件。ま、徳島でやったわけじゃなくて、ボールボーイが事件を起こしたわけでもないんですけど。

▽徳島DF馬渡和彰選手への2試合出場停止という処分が発表され、他にもボールボーイに水をかけたファンが出禁にもなり、一件落着したようにも見えましたが、さにあらず! いやいや、みんなもうちょっと考えましょうよ。

▽このボールボーイに精神的な傷が残らないよう、千葉DF近藤直也選手が選手全員のサイン入りユニフォームを渡したって? それだけじゃ足りないでしょ? それに傷が残らないようにするって、Jリーグの傷になってもいけないと思うわけですよ。となると、処分の内容が違いすぎ!

▽いいですか、まず徳島はボールボーイを徳島のホームゲームに招待すべきです。で、ボールボーイをやってもらう。さらに座った席の横に、出場停止中の馬渡選手をボールボーイとして配置するんです。そして馬渡選手が相手チームの選手にボールをトスした後、ボールボーイが馬渡選手を小突きながら「遅ぇよ!」と言ってくれると、場内大爆笑間違いなし! 笑いでこの事件を昇華してくれると、なんかみんなもうちょっと気分を変えて終われるんじゃないですかね。

▽ただね、今の世の中「〜離れ」が流行っちゃって、こんなふざけたことを書いてると「アホ離れ」した人たちが怒ってしまうわけです。ま、こんな失言だらけのコラムに怒る人はいないと思いますけどね。あ、誰だ! 「徳島でよかった!」とか言ってるサポーターは! え? 大臣経験者じゃないよね(汗)。※画像はイメージです

【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。