ガイバーァァァ!

他の追随を許さぬ凄まじいディティールでファンを唸らせる、スタチュー&フィギュアメーカーの「プライム1スタジオ」が、ハリウッドで二度映画化された、世界中で人気のSF漫画『強殖装甲ガイバー』のシリーズを展開します。

その第一弾として、深町晶が殖装する「ガイバーI」の詳細が発表されました。


170501guyver_02.jpg


170501guyver_03.jpg


全高約98cmの大迫力なスケール。抜群にかっこいいヒロイックなプロポーションもさることながら、強殖装甲の有機的な質感を再現した造形&塗装が本当にすばらしい。


170501guyver1.jpg


170501guyver_04.jpg


ちなみにポーズはパーツの差し替えで変更できるとのこと。さらに、俺の肘にもほしいと全国の子どもたちが憧れたに違いない、必殺武器の「高周波ブレード」の伸縮もパーツの差し替えで再現!


170501guyver_05.jpg


しかし、驚くべきは台座。本体に負けないくらい作り込まれたクロノスのゾアノイド(獣化兵)「ラモチス」がブレードでぶった切られた姿で倒れており、スタチュー1体で2体分(切り刻まれているので、0.5体分かな?)楽しめるという超お得な仕様です。

やはりガイバーは容赦ない切断なくしては語れないからか、切断面の作り込みに凄まじいこだわりを感じます。


170501guyver_06.jpg


背中側から見ると、肩だけではなく腰から下も切られているのがわかります。やっぱりゾアノイドはこれくらい派手にぶった切られないとね!


170501guyver_07.jpg


そして、こちらは同時期に発売予定のバスト。全高は約35cmなので、スタチューはデカくて置けないよ……という人にも最適なコンパクトさです。


170501guyver_08.jpg


こちらは超必殺武器「メガスマッシャー」を撃つために胸を片方だけ開けるというポーズ。組織が垂れるところまでしっかり再現されていますよ!!


170501guyver_09.jpg


ガイバーユニットを再現した台座のドロドロ感も素晴らしく、グロカッコイイ「ガイバー」の魅力を凝縮したスタチューとなっています。

今後はガイバーIだけでなく、他のスタチューも続々展開予定とのこと。個人的には、ガイバーIと同じくらい好きなガイバーIII、ルポライター兼プロトゾアロードの村上征樹あたりのスタチュー化にも期待したいところです。

今回ご紹介した、『アルティメットプレミアムマスターライン 強殖装甲ガイバー ガイバー I』は参考価格9万3852円(税込)、『プレミアムバスト 強殖装甲ガイバー ガイバー I』は参考価格3万6612円(税込)で、フィギュアショップの豆魚雷などの全国のプライム1取扱店他、Amazonで予約を受付中です。

発売時期は2018年5月〜7月頃を予定。それぞれ限定1,000体なので、気になる方はお早めにどうぞ!!


image: (c)Yoshiki Takaya 1998 via プライム1スタジオ
source: プライム1スタジオ1・2, 豆魚雷1・2

(傭兵ペンギン)