なにそれ胸キュン…!女子としゃべっていたカレへの「可愛すぎるヤキモチ」

写真拡大



目の前で彼氏が女子とめちゃくちゃ親しげに話していると、ちょっとくらいは嫉妬してしまいますよね。そんなときは、ぜひその気持ちを隠さずヤキモチを焼いてみましょう。男子は彼女にヤキモチを焼かれるの、好きですから。そんなわけで今回は、20代男子30人と一緒に「彼氏が女子と話した直後にすべきヤキモチ」について考えてみました。あなただったら、どんな風にヤキモチを焼きますか? 男子の理想の答えと比べてみましょう!

■1.近距離LINE

「クラスの女子と話してたら、彼女からLINEが来て、なんか怒ってるスタンプだった。見渡したら結構近くに彼女がいて、わざわざLINEしてくるところに、かわいいなって感じた」(大学生/20歳)

たしかに、直接言いに行かずに、LINEでヤキモチを伝えるところが、ちょっとツンツンしてるぞって感じでかわいいですね(笑)。スタンプも、激怒みたいなのじゃなくて、寂しがってる感じのスタンプとか、「ぷんぷん!」みたいな感じのがちょうどいいと思います。

■2.「好きなの?」

「後輩の女の子と喋った直後、彼女が来て、『ねえ、あの子のこと好きなの?』ってちょっとマジっぽく言われて、ドキッとした」(営業/25歳)

なかなかここまでストレートにヤキモチを表現する人は少ないかもしれませんけど、素直でいいですよね。強がってない感じが。これくらい直球で伝えてあげれば、今度からカレも、あなたがいる場面で露骨に仲よさげな感じで話すのをひかえてくれるかもしれません。

■3.ふくれっ面

「飲み会で女子と話してたら、その後彼女と席が近くなったときに、ほっぺた膨らませてこっち見てて、すごいかわいかった(笑)」(大学生/21歳)

ふくれっ面は、ヤキモチを焼くにはもってこいのかわいいフェイス。眉間にシワを寄せて、うるうるとカレを見つめてください。そのままカレとにらめっこで、カレが「ごめん」と言ってくれるまで、そのままの顔をキープですよ!

■4.遠くから見る

「直後じゃなくて、むしろ最中なんだけど、女子と話してたらなんか視線を感じて、そしたら彼女が10メートルくらい向こうからこっちを睨んでた……。怖かったけど、胸キュンした、というか、ハートをピストルで撃ち抜かれた感覚」(専門学生/20歳)

わお。視線で気づかせる彼女さんも、なかなかですね。でも、実際こんなことがあったら、カレは彼女さんが怖くて、なかなか女子と話しにくくなっちゃうかもしれませんね〜(笑)。こういうちょっと猟奇的な感じも、刺激的でいいのかもしれません。

■おわりに

冒頭でも言いましたけど、嫉妬しちゃったときは、隠さずそれを出してった方がいいと思います。絶対にかわいいし、そもそも彼女を嫉妬させちゃうような男子はもともと鈍いわけですから。表現しないと伝わりません。伝わらないと、いつまでもカレはあなたのことを嫉妬させてばかりになって、あなたが辛いですからね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)