【故障者】川崎=川崎=家長、エウシーニョ、田中、井川、舞行龍、中村、登里 新潟=前野
【出場停止】川崎=なし 新潟=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第10節
川崎フロンターレ-アルビレックス新潟
5月5日(金・祝)/15:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
今季成績(9節終了時):9位 勝点13 3勝4分2敗 11得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●負傷していた家長と大島が今週から練習に完全合流。ただし、家長は心肺機能が下がっており、実戦復帰へはもうしばらく調整が必要とのこと。大島はスタメン出場へ。
●前節のC大阪戦でベンチ入りしたエドゥアルドや、武岡らもAチームで試される。
●5月2日にはC大阪戦に出場したメンバー、5月3日にも選手だけでミーティングを実施した。
 
【担当記者の視点】
 前節のC大阪戦は「前半から単純なミスが非常に多かった」と、相手に主導権を握られ、0-2で敗れた。この敗戦を受け、選手たちは5月2日と3日にミーティングを実施。新潟戦へ向け意見をぶつけ合った。
 
 そのなか怪我人が続々と復帰しているのは明るい材料だ。開幕前に肩を手術したエドゥアルドはC大阪戦で今季初のベンチ入りを果たし、5節の仙台戦で右ふくらはぎを痛めた大島は今節、先発復帰する見込みだ。
 
 腰を痛めている中村は前節に続き欠場する見込みだが、一致団結して5試合ぶりの勝点3を掴みたい。
 
 
J1リーグ10節
川崎フロンターレ - アルビレックス新潟
5月5日(金・祝)/15:00/等々力陸上競技場
 
アルビレックス新潟
今季成績(9節終了時):17位 勝点5 1勝2分6敗 7得点・16失点

【最新チーム事情】
●前節・柏戦は開始10分に直接FKで失点すると挽回できず。6敗目を喫した。
●柏戦では山崎をFWに上げ、チアゴ・ガリャルドをサイドハーフに下げることで、タメを作れた。
●三浦監督と大野キャプテン、さらに選手がミーティングを行い、改めて結束を固めた。
 
【担当記者の視点】
 前節・柏戦は開始10分に直接FKを決められて敗れた。2試合続けて壁の上を越された直接FKで決勝点を挙げられており、壁の作り方の再考など、改善は急務となっている。

 柏戦はホニと2トップを組んでいたチアゴ・ガリャルドとサイドハーフの山崎のポジションが入れ替えられた。キープ力があるチアゴがサイドで起点となり、山崎が前線でボールを収めることを意識することによって、攻撃にタメができたのは収穫。その結果、アタッキングサードに入ってのシュートも増えたのは継続したい部分だ。

 今週はオフ明けの火曜のトレーニング後、三浦監督と大野キャプテンが時間を掛けて話し合う場面があった。さらに翌日、選手全体のミーティングも実施。苦しい状況を打開し、勝利を目指すために改めて結束が図られた。

 三浦監督、大野とも「戦術的なところは話せないが、ポジティブに意見をすり合わせられた」と、チームとしてやるべきことがよりクリアになったことを好感する。一丸となって、浮上を期す。