4月25日に敵地で水原三星と対戦した川崎フロンターレ

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は4日、4月25日に韓国・水原で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の川崎フロンターレ対水原三星(韓国)で、川崎Fの応援スタンドで旭日旗が掲げられた件について、処分を発表した。

 AFCは差別行為や政治的意見を禁止する規約第58条に接触するとして、川崎Fに1年間の執行猶予付きで、AFC主催大会のホームゲーム1試合の無観客試合を決定。1年の執行猶予期間中に再び同等の行為を行った場合、この処分が下されることになる。また、上記の処分とは別に、罰金1万5000ドル(約170万円)も命じられた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●ACL2017特設ページ