「ダウンタウンなう」に岩崎宏美・良美らが登場

写真拡大

5月5日(金)に放送される「ダウンタウンなう」(毎週金曜夜9.55-10.52フジテレビ系)に、岩崎宏美、岩崎良美、葛西紀明、森山良子、さらに“飲み仲間”として峯岸みなみが登場することが明らかとなった。

【写真を見る】峯岸みなみは“アイドルの大先輩”の恋愛トークに興味津々

1軒目のゲストは岩崎姉妹。当時の貴重な映像を交えながら、二人のアイドル時代を振り返っていく。1978年、宏美が「シンデレラハネムーン」で大ヒットを飛ばしていた頃、良美が歌手ではなく女優としてデビュー。

良美は姉同様に歌手デビューを夢見ていたが、周囲からの反対があったことなど、当時の知られざるエピソードが二人から明かされる。

その後、1985年に良美は歌手として「タッチ」で「日本レコード大賞金賞」を獲得、1987年には宏美が「男女7人秋物語」(TBS系)に出演。宏美からは、ドラマ出演の舞台裏が語られる。

さらに、飲み仲間の峯岸から、宏美、良美の二人に「アイドル時代の恋愛」に関する質問が飛び出すと、宏美から当時の恋愛に関して衝撃の告白が!

2軒目のゲストは葛西。“レジェンド”であるにもかかわらず、さまざまな悩みがあるという葛西が、ダウンタウンの二人と坂上忍に悩みを相談していく。

まずは「最近の若いヤツ」に関する悩み。葛西が、若いスキージャンプ選手のあいさつの声が小さいことや、負けた時にあまり悔しがらないことへの不満を口にすると、礼儀や上下関係に厳しい坂上が激しく同調。

「後輩に怒ることができるか?」という話になり、松本からは過去に浜田がある後輩芸人に激怒したエピソードが飛び出す。浜田に本気で激怒された芸人とは?

また、葛西は現在会社員であることに加え、スキージャンプがマイナースポーツのため、テニスやゴルフといったメジャースポーツに比べ、優勝賞金が少ない現状を告白し、「もっとお金が欲しい」と訴える。ダウンタウンの二人も驚いた、スキージャンパーたちの懐事情とは。さらに、葛西からは「引き際をどうすれば?」などの深刻な悩みが語られる。

3軒目のゲストは森山。森山は、ダウンタウンや坂上の到着を待っている間、かなりお酒を飲んでいた様子で、収録開始早々からハイテンション。

そんな森山とは、「私の愚痴を聞いて!」というテーマでトークが展開されていく。最初の愚痴は、「(息子の)直太朗が結婚してくれない!」。

私が2回結婚しているので、1回くらい結婚してほしいと主張する森山に対し、直太朗は番組のアンケートで久々に会ってあいさつも早々に「で、誰かいい人いないの?」とか圧力をかけてくるのは本当に勘弁してほしいと弁明。さらに、森山と直太朗の間で彼女に関して交わされるあまりに生々しい会話の内容に一同がドン引きする。

続いての愚痴は、「(義理の息子)小木博明が無神経過ぎる!」。そもそも小木の第一印象が最悪だったという森山は、小木が初対面の際に、目も合わさずメールを打っていたことや、二世帯住宅を建てる際の小木の無神経な一言などを暴露。

一方、小木からはビデオメッセージが届き、森山のひどい酒癖に関するエピソードが赤裸々に語られる。小木が明かした、酒に酔った森山がイチャイチャするという小木の後輩芸人とは?