【夏季限定】星空の下で美しい「惑星」カクテルを! 夜空満喫の野外カフェバー「星空テラス」が京都に登場

写真拡大


2017年も夏季限定で京都センチュリーホテルにオープンするのは「星空テラス〜Cafe&Bar〜」。ここは屋外型チャペル前のガーデンで星空を眺めながらお酒や食べ物を楽しめるという、とってもロマンチックな空間なんです♡

訪れたらぜひともオーダーしたいのが、昨年も大好評だった「惑星カクテル」8種。今年はさらに期間限定で新カクテル「惑星&準惑星カクテル」が登場するそうなんだけど……あぁ、星空の下でこんな美麗カクテルをいただけるなんて! すべてが可愛くてどれを飲もうか迷っちゃうよ〜!!

【惑星をイメージしたカクテル8種】

惑星をモチーフにした星空テラス限定のオリジナルカクテル「惑星カクテル」。

・マーキュリー〜水星〜(カルピス&ラベンダーシロップ&ソーダ)
・ヴィーナス〜金星〜(スパークリングワイン&マンゴーシロップ)
・アース&ムーン〜地球&月〜(パインジュース&ブルーキュラソーシロップ)
・マーズ〜火星〜(ピーチネクター&ストロベリーリキュール)
・ジュピター〜木星〜(メロンリキュール&キウイシロップ&ソーダ)
・サターン〜土星〜(モヒートミントシロップ&ソーダ)
・ウラヌス〜天王星〜(キウイシロップ&ブルーシロップ&ソーダ)
・ネプチューン〜海王星〜(スミレリキュール&ライチリキュール&トニック)

以上8種類がそろいます。

たとえば「ヴィーナス〜金星〜」はマンゴー風味のスパークリングワインに銀色のアラザンシュガーを注ぐと、きらきらと揺らめいてまるで流れ星のよう! 「アース&ムーン〜地球&月〜」は、地球と月をイメージした鮮やかなブルーのグラデーションが美しく幻想的。ノンアルコールのものもあるので、お酒が苦手な人にもうれしいですね!

【月替りで「恒星&準惑星カクテル」も!】


さらに今年は期間限定で「恒星&準惑星カクテル」も登場! 5月10日〜6月30日は青白く輝くおとめ座の1等星「スピカ」、7月1日〜31日はオレンジ色に輝く赤色巨星「アークトゥルス」、8月1日〜31日は金色と青色の二重星「アルビレオ」、9月1日〜30日は準惑星である冥王星「プルート」とその衛星「カロン」をモチーフにしたカクテルがお目見えします。

中でも興味をひいたのが8月限定の「アルビレオ」。その美しさから「北天の宝石」とも評される二重星ですが、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で「トパーズ」と「サファイア」に例えられていることから、トパーズ色とサファイア色の2種のカクテルが用意されるそう。

2つのカクテルを合わせるとそれぞれに入ったチェリーが重なり二重星が現れる……って素敵すぎるでしょーっ!!

【天体観測も楽しめちゃう!】

また、店内には星を眺めるための星空観測ベッド「ソラリラ」や天体望遠鏡、双眼鏡を常設。来店した人は無料で利用できるそうなので、自由に天体観測を楽しんでみて♪

【星空を眺める至福のひととき】

「星空テラス〜Cafe&Bar〜」のオープンは5月19日から。星空をゆっくりと眺めながら広大な宇宙に思いを馳せる……ここでならそんな至福のひとときが過ごせそうです。時間や料金などの詳細は参照元からご確認を。

参照元:京都センチュリーホテル、アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る